2007年12月17日

投票すれば500バーツ貰えると勘違いした住民が投票所正面に列をなす事態に

 16日午前、ピジット県県都内に設けられた下院議会議員選出選挙期日前投票の為の投票所正面にある教員貯蓄組合事務所前で、期日前投票に投票をした者には一律500バーツが支給されるとの誤った情報を聞きつけた住民等が"報酬"受け取りの為に列をなし周囲一帯が騒然となる事態になった。

 組合関係者によると、偶然期日前投票と同じ日に行われる組合理事選出選挙への投票を促す目的で交通費等の諸経費として一律500バーツを投票した組合員に支給するとの組合員向けの通達が、誤って、ないしは意図的に期日前投票に投票をした者には一律500バーツが支給されると伝えられ、それが瞬く間に住民の間に広まり今回の事態になったと見られるという。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。