2007年12月17日

連合、次期政権がタクシンの不正洗浄に乗り出した場合には活動を再開

 大衆民主主義キャンペーン事務局長のスリヤサイ・ガタシラー氏(民主主義市民連合調整役)は16日、仮に次期政権がタクシン前首相及び一族が関与した不正行為のもみ消しに動いた場合には、民主主義市民連合を始めとする嘗てタクシン首相退陣を要求する活動を展開した市民団体が活動を再開すると警告した。

 一方、スリヤサイ氏は権力側による恣意的な権力行使の手段に為り得るとして、現在国家立法議会で審議が進められている政治開発会議設立法案を廃案にするべきであると指摘した。

 スリヤサイ氏によると、政治開発会議が(民主主義発展を期して創成された政府系研究所である)プラヂャティポック王研究所(サターバン・プラッポックグラーオ)の傘下に置かれることにより、権力側による政治の道具として利用される事に繋がり得るという。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。