2007年12月18日

タクシン前首相、パラン党のみが真の友人

 タクシン前首相が香港紙とのインタビューの中で早期帰国の意向を示すと共に、困難な状況に置かれた自分を見捨てなかったパラン・プラチャーチョン党を真の友人であると絶賛していた事が明らかになった。

 しかしタクシン前首相は、あらためて政界復帰の可能性を強く否定した上で、帰国後は誰彼に対する復讐心を抱くことなく平穏に暮らし、要請があれば新世代の政治家のアドバイザー的なポジションでの政治への関わりに留めていきたいとの意向を示した。

 また、自らを失脚に追い込んだクーデターに関してタクシン前首相は、他の政党等と協調せず自らが中心になって施政に邁進した事が「政治的な事故」を引き起こすきっかけになったとの考えを示したが、クーデターの大義名分の一つとして掲げられていた自身や一族が関わる不正疑惑に言及する事は無かった。

 尚、このインタビュー記事は21日付けの紙面に掲載される予定で、奇しくも同日にバンコクで開催されるパラン・プラチャーチョン党の大規模立会演説会の場でタクシン前首相の帰国予定スケジュールが発表される予定になっている。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。