2007年12月19日

アピシット党首を乗せたBMWが追突事故、更に自家用ベンツがエンスト

 18日0:30頃、サラブリー県ゲーンコーイ郡内で民主党のアピシット党首を乗せたBMWが、前方に割り込んできた6輪トラックに追突した衝撃でBMWのフロント部分が大破し、アピシット党首が軽傷を負うという事故が発生した。

 更に、同日朝、アピシット党首が党本部に向かうために運転していた個人所有のベンツが、高速道路のラーマ6世通り出口前付近でエンストを引き起こした。

 アピシット党首は同日朝、今回の事故とエンストにより運気が低下したとの指摘を一笑に伏した上で、今後も予定通り遊説活動を継続していく意向を明らかにした。

 同党首によると、多少の頭痛が残っているものの、これが今回の事故によるものなのか、それとも慢性的な寝不足によるものなのか不明だという。

 尚、事故に関しては、当時BMWを運転していた男性(37)の証言から、ナコンラーチャシマー県内で行われた遊説を終えバンコクに戻る為にミトラパープ通りを高速度で直進中に、Uターンをする為に前方に割り込んできたトラックに追突したと見られ、またエンストはアピシット党首の言によれば、長らくベンツを使用していなかった事が原因で発生したのではないかという。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。