2007年12月19日

パラン党支部に榴弾が投げ込まれる

 17日21:00頃、バンコクのラートプラーオ区で、バイクに乗った2人組がスコンタサワット通り沿いにあるパラン・プラチャーチョン党第三地区選挙対策本部前に向け小型榴弾を投げ込むと共に煙幕弾を破裂させ逃走するという事件が発生した。この事件による人的な被害は確認されていない。

 事件発生後、付近をパトロール中だった警察官が、ナンバーを付けていない黒色のバイクに飛び乗り逃走しようとした不審な2人組の捕捉に乗り出したが、2人組は警察官を振り切り逃走した。その際、警察官により引きちぎられた2人組の内の1人が着用していた衣服の一部が回収されている。

 この事件の発生を受け当局側は、首都圏内の政党関連施設を中心に警戒態勢を強化した。

 投げ込まれた榴弾はMK-2型の手榴弾と見られるが、起爆できないよう信管の周辺がテープで固く巻かれていたことから、何らかの思惑を持った脅迫目的での犯行との見方がされている。

* タクシン政権時代には民主党本部を狙った以下の様な事件が発生していました。
民主党本部前に爆発物
民主党本部に銃弾が撃ち込まれる
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。