2007年12月19日

脱走ワニがかすみ網漁中の男性に噛みつき裂傷を負わせる

 18日、バンコク隣県のナコンパトム県ガムペーンセーン郡内の運河で、かすみ網漁の最中だった62歳の男性がワニに噛まれ裂傷を負うという事件が発生した。

 男性が運河に入り魚を網に寄せている最中に、知らずに水面下で寝ていたワニを踏みつけてしまい、噛まれたのではないかと見られている。

 この事件発生を受け近隣住民総出で運河を堰き止めた上でワニの捜索を行った結果、約180cmと130cmのワニ2匹が捕獲された。

 捕獲されたワニは何れも付近のワニ園から脱走したものと見られるが、ワニ園側が逃走した事を否定し引き取りを拒否した為、最終的に購入を希望していた者に2匹、3,000バーツで払い下げられたという。

 一方、逃走したワニが住民に危害を加えるという事件が発生した事を重く見た警察側は、地域内に多くあるワニ園の経営者に対して逃走防止の為の指導を強化する方針を明らかにした。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。