2007年12月20日

フィルム・フェスの運営権絡みの贈賄でアメリカ人夫婦が逮捕

 タイ政府観光庁の主催で開催されたバンコク・フィルム・フェスティバルの運営権を得るために、同庁幹部に総額170万米ドルの賄賂を支払っていた容疑で、75歳と52歳のアメリカ人夫婦がアメリカの当局に逮捕されていた事が明らかになった。

 尚、夫婦が賄賂を支払ったタイ政府観光庁の幹部職員の詳細は明らかになっていない。

 贈賄容疑で逮捕された夫婦は、バンコク・フィルム・フェスティバルの運営を任されていたフェスティバル・マネージメント社のオーナーで、フィルム・フェスティバルの運営権を得るために、2003年から今年にかけてタイ政府観光庁内で決定権を持つ幹部に賄賂を支払っていたと見られる。

 当時タイ政府観光庁総裁だったヂュターマート・シリワン女史は現在プゥア・ペーンディン党の擁立候補として比例代表区から出馬している。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。