2007年12月20日

贈収賄疑惑の渦中にあるヂュターマート元観光庁総裁が選挙戦から離脱

 バンコク・フィルム・フェスティバルに絡む贈収賄事件で関与が取り沙汰されている元タイ観光庁総裁のヂュターマート・シリワン女史(プゥア・ペーンディン党副党首)は19日、比例代表区からの出馬を取り消す方針を明らかにした。公式な出馬取り消し発表は20日午前に行われる予定。

 同女史は現在プゥア・ペーンディン党の擁立候補として第六地区比例代表区(バンコク、ノンタブリー、サムットプラーガーン)から名簿順位第6位で立候補している。

 尚、アメリカ国内で逮捕された夫婦が支払った賄賂を収受したとされる当時のタイ政府観光庁の幹部に関する詳細はアメリカの司法当局側からは明らかにされていない。

 一方、国家毀損行為調査特別委員会(資産調査委員会)は19日、バンコク・フィルム・フェスティバルに絡む贈収賄事件に関して調査を進める方向で調整を行っている事を明らかにした。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。