2007年12月21日

アピラック氏、閣入りの為にバンコク知事を辞任する考えはない

 バンコク特別自治体のアピラック知事は20日、自らが副党首を務める民主党が次期政権を奪取しても閣入りの為に知事職を捨てる考えが無いことを明らかにした。

 また、同知事はパラン・プラチャーチョン党に対して、仮に政権を奪取する事があっても、タイ・ラック・タイ党政権時代のように「政治」を持ち出してバンコク特別自治体の政策を攻撃したり政策の推進を妨害するような事がないよう釘を刺した。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。