2007年12月24日

投票率は65%

 選挙委員会のアピチャート委員長は23日夜半、同日行われた総選挙に全有権者(48,957,208)の約65%に相当する29,345,398人が投票した事を明らかにした。

 最も投票率が高かった県が83.92%を記録したサムットサーコン県で、以下ラムプーン(80.96%)、トラン(80.30%)、チュムポン (79.84%)、シンブリー(76.92%)と続き、一方で最も投票率が低かったのが34.18%を記録したノンタブリー県で、以下チャイヤプーム県 (40.23%)、ウドンターニー県(44.70%)、ウボンラーチャターニー県(41.09%)、ローイエット県(48.09%)と続く結果になった。
posted by Jean T. at 02:03| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。