2007年12月24日

バンハーン氏、プゥア・ペーンディン党と協調

 投票終了後暫く行方をくらましていたチャート・タイ党のバンハーン党首は24日0:00過ぎ、プゥア・ペーンディン党顧問のワッタナー・アサワヘーム氏邸内でマスコミの取材に応じ、今後プゥア・ペーンディン党と共同歩調をとっていく方針を明らかにした。

 しかし、パラン・プラチャーチョン党及び民主党の何れの陣営に参画するかに関しては総選挙結果が明確になった上で考えるとして明言を避けた。

 一方、パラン・プラチャーチョン党はプゥア・ペーンディン党及びルァム・ヂャイ・タイ・チャート・パッタナー党をターゲットに連立に向けた交渉を開始した。
posted by Jean T. at 02:35| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。