2007年12月25日

小政党2党が連立に参画を表明、パラン党政権成立か?

 パラン・プラチャーチョン党のスラポン幹事長は24日午後、同党が主導した連立政権の成立が確実になった事を明らかにした。

 同幹事長は発言の中で、同日までに2つの小政党から連立参画の打診があり、これにより議会内で過半数を確保する事が出来たとしたが、2政党の詳細に関しては明らかにしなかった。

 この発言に先立ってバンコクのラジソン・ホテル内でパラン・プラチャーチョン党の副党首クラスの人物2人とマッチマーティパッタイ党、ルゥアム・ヂャイ・タイ・チャートパッタナー党等の第三勢力に近い元タイ・ラック・タイ党副党首のソロアット・グリンプラトゥム氏が密会談を行っていた事がマスコミにより確認されているが、この密会談とパラン・プラチャーチョン党の過半数確保発言との因果関係は不明。

 一方、次期政権への参画を視野に入れているマッチマーティパッタイ党は24日開かれた幹部会の席上で、アノンワン幹事長(ソムサック・テープスティン氏夫人)を各党との交渉役に任命した。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。