2007年12月30日

タクシン前首相、4月中に帰国する意向

 選挙戦の勝利報告と年末の挨拶の為に香港に滞在中のタクシン前首相のもとを訪れていたパラン・プラチャーチョン党のチャオワリン・ラッタサックシリ警察中尉は29日、現地でタクシン前首相が4月中に帰国する意向を示していた事を明らかにした。

 先に、タクシン前首相は新政府が誕生する2月から4月の間に帰国する意向を示していた。

 チャオワリン警察中尉によると、今回戦勝報告の為にタクシン前首相のもとを訪れたのは約60人のパラン・プラチャーチョン党の党員を中心とした一団で、元タイ・ラック・タイ党副党首のスダーラット・ゲーユラパン女史も同行していたという。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。