2007年12月31日

ディスコ店内で発生した喧嘩の際に爆発が発生

 30日深夜、ピヂット県県都内のディスコ内で22歳の男が爆発物を爆発させるという事件が発生した。

 爆発が発生したのはピヂット・プラザ・ホテル内にあるディスコで、当時店内にいた約500人の客に被害は無かった。

 逮捕された22歳の男は警察の取り調べに対して、約10人の友人等と共に店内で楽しく飲食している最中に、近くのテーブルで飲食中だった別の若者グループから言いがかりをつけられると共に物を投げつけられたのがきっかけで殴り合いの喧嘩になり、怒りの余り隠し持っていた爆発物を爆発させてしまったと証言しているという。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。