2008年01月15日

政治に翻弄されたTITV(旧iTV)が放送を終了、従業員全員が解雇

 公共テレビ放送法が14日付けで発効した事を受けTITVは同日24:00を持って放送を終了し、従業員全員が解雇された。今後は広告が無い公共放送として再スタートする事になる。

 この措置を受け、これまでTITVで放映されていた全ての番組がキャンセルされ、15日の閣議で5人の暫定役員会メンバーがアザインされるまで政府広報局系のch11が製作したガラヤニ王女関係を中心にした王室関連の番組が放映される。

 尚、解雇された従業員は新放送局に再雇用される可能性はあるものの、全員の再雇用が保障された訳ではない。

* 全ては2001年の総選挙前にタクシンが買収して、報道内容への介入に抗議した労組関係者(代表の1人は現在ch3の昼前のニュースキャスター)を大量解雇(その後タクシン政権時代に違法解雇の判決が確定)した時に始まった。。。
posted by Jean T. at 02:06| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。