2008年01月17日

プゥア党がパラン党との連立を正式決定

 プゥア・ペーンディン党は16日開かれた党会議の席上で、パラン・プラチャーチョン党が主導する連立政権へ参画する方針を正式に決定した。これにより民主党の単独野党がほぼ確定した。

 尚、正式発表は別途チャート・タイ党と合同で行われる予定。

 一方、スウィット党首は、同党最高顧問のプラチャー・プロームノーク警察大将が、公然とチャート・タイ党のバンハーン党首やタクシン前首相夫妻を批判したとの報道を否定した。

 スウィット党首の発言に先立つ会議開始前にプラチャー警察大将が、共同歩調を取る約束を反故にし、自分勝手に連立への参画を決めマスコミ発表をしたバンハーン党首を非難する発言をしていた。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。