2008年01月19日

バンハーン氏の娘、チューウィット氏を名誉毀損で訴える可能性を示唆

 チャート・タイ党のバンハーン党首の娘で同党副党首のガンヂャナー・シルパアーチャー女史は18日、前言を翻しパラン・プラチャーチョン党との連立を決定したバンハーン党首をポリシーを持たない不正直な人物であると非難した同党元副党首のチューウィット・ガモンウィシット氏を名誉毀損で訴える可能性を示唆した。

 同女史によれば、チャート・タイ党が連立参画を決めたのは他に選択肢が無かった為で、公約の違反にはならないのだという。

 また同女史は、首相指名ではルールに則りパラン・プラチャーチョン党のサマック党首の次期首相就任を支持する方針を明らかにした。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。