2008年01月20日

新政府は私利私欲の為のスタンドプレーに走ることなく信頼醸成に注力せよ

 下院議会内で単独野党が確定した民主党のアピシット党首は19日、パラン・プラチャーチョン党を中心とした連立政権に対して、己の利権保持の為のスタンドプレーに走ることなく、信頼の醸成に注力する事が重要であると指摘した。

 発言の中でアピシット党首は、政治的な対立の根源である私利私欲を捨て、山積している諸問題の解決や対立の解消に注力する事が、票を投じてくれた有権者の期待に応える事に繋がると指摘した。

 一方、嘗ての同士であるチャート・タイ党のバンハーン党首が食事ミーティングを提案している事に関しては、同党首からの案内待ち中であると断った上で、申し出を快諾する意向を明らかにした。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。