2008年01月23日

下院議長選出投票で連立与党の一部票がバンヤット氏支持に流れる

 民主党のターウォン副幹事長は22日、同日行われた下院議長選出の為の投票の際に、連立政党側から3票が民主党が推挙したバンヤット・バンタッターン氏に投じられていた事を明らかにした。

 その上で同副幹事長は、下院議員の独立性を尊重し、その発言や投票を所属政党側が束縛する事を厳格に禁じた2007年憲法の精神が有効に作用した結果今回の様な連立政党側から野党側に票が流れるという現象が発生したと指摘した上で、今後も同様な現象が起こり得るとの考えを示した。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。