2008年01月26日

僧侶を殺害し3万バーツを強奪

 24日深夜、チョンブリー県サタヒップ郡内で、18歳から25歳位の若い男が寺院の僧坊に押し入り69歳の僧侶に切りつけ重傷を負わせた上で、賽銭箱に入っていた3万バーツ強の現金を強奪し逃走するという事件が発生した。

 今年に入って事件が発生した寺院内で4回に渡って賽銭箱の中に入っていた現金や僧服等が盗まれるという事件が発生している事を受け、22日に住職が所轄署に被害届を提出すると共に監視カメラを設置していたことから、被害届を提出した事を恨みに思った男が住職が僧坊に入るのを待ち伏せし犯行に及んだと見られる。

 警察側は、付近に住む若者が実行犯と見て監視カメラに記録された男の映像の解析を行い実行犯を特定したいとした。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。