2008年01月29日

チューウィット氏、ディスプレイ付き宣伝車で嘘つきバンハーン糾弾キャンペーン

 元チャート・タイ党副党首のチューウィット・ガモンウィシット氏は28日朝、首相指名の為の下院議会が開かれる国会ビル前に大型液晶ディスプレイを搭載した宣伝車と共に現れ、今後宣伝車を利用して私欲の為に国民を騙したチャート・タイ党のバンハーン党首を糾弾するキャンペーンを展開する方針を明らかにした。

 チューウィット氏によると、宣伝車両を利用して当日から7日間に渡ってバンコク内を回り、バンハーン党首がパラン・プラチャーチョン党と連立する事は"絶対"にあり得ないとした上で、今後も民主党との協調関係を維持し同党のアピシット党首を次期首相として支持すると"明確"に発言している模様を記録したビデオを道行く人に公開し、国民を騙したバンハーン党首を糾弾していく方針であるという。

 また、当日首相指名の為の下院議会が開かれる事に関しては、既に香港に本当の首相がいるにも拘わらず、今更首相指名もへったくれもないと皮肉った。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。