2008年01月30日

チューウィット氏、バンハーン氏の名誉毀損訴訟に強気の姿勢

 チャート・タイ党元副党首のチューウィット・ガモンウィシット氏は29日午前、刑事裁判所前に現れ記者団等に対して、同党のバンハーン党首が提訴した名誉毀損訴訟の召喚状を受け取りに来たついでに裁判所内の食堂でウナギのアヒル炒めを食べに来たと語り、名誉毀損訴訟に対して強気の姿勢を示した。

 チューウィット氏は、これまで度々バンハーン氏を他の食材を不味くする有害なウナギに喩えて批判してきた。

 チューウィット氏は、これまでの非難発言は全て明確な根拠に基づいたものであるとしてバンハーン党首の訴訟に対して勝算がある事を強調した上で、スハルト大統領政権時代のインドネシアの様な新たな基準がタイ政界にもたらされる恐れがあるとして、今後もチャート・タイ党を中心に政界の動きを監視していく意向を明らかにした。

 一方、チャート・タイ党のバンハーン党首は29日、所属下院議員に対して連立政権の参画を決定した経緯について地盤の住民に説明して回るよう指示した。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。