2008年01月30日

チャイヤワット氏、憲法裁判所にパラン党の傀儡性に関する判断を要請

 先の総選挙でブリラム県内の選挙区から出馬し落選した元民主党所属下院議員候補のチャイヤワット・シンスウォン氏(元パランタム党党首、元工業大臣、民主主義市民連合幹部)は29日、議会監視委員会を通してパラン・プラチャーン党が解党命令が下されたタイ・ラック・タイ党の傀儡政党であるかの判断を要求する訴訟を憲法裁判所に提訴する方針を明らかにした。

 最高裁判所は先に、同裁判所の判断権限の範疇を超えるものであるとしてチャイヤワット氏の提訴を棄却する決定を下していた。尚、チャイヤワット氏は最高裁判所の判断が下される前日に民主党を離党している。

 尚、チャイヤワット氏の提訴は、議会監視委員会内でパラン・プラチャーチョン党の傀儡正当性に関する判断が行われ、傀儡性が認められ党の解党要件に為り得る政党法や選挙法に違反していると判断された場合は、同委員会を通して憲法裁判所に最終判断を仰ぐ提訴が行われる事になる。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。