2008年01月31日

ソンティ副首相、タクシン前首相と電話会談を行ったことを認める

 クーデターを首謀した元国家安全保障評議会議長のソンティ副首相は30日朝、善良な仲介人を介して直接タクシン前首相と電話で会話を行っていた事を明らかにした。

 これは中東訪問を終え帰国した際に開かれた記者会見の席上で明らかにされたもので、ソンティ副首相によると、電話はポヂャマーン夫人が帰国する前の1月始めに行われ、会話の中では同じ士官学校の同窓生同士という立場で国家正常化の重要性に関して意見の交換が行われたが、政治や前首相が持たれている嫌疑、何らかの政治的条件や利権の提示等の人前で話すことが出来ないような協議は一切なされていなかったという。

 また、ソンティ副首相は会見の中で、自らが首謀したクーデターは当初の目標を達成しており失敗ではなかったとし、またクーデターにより国家の威信が傷つけられた可能性に関しては 国民及び今後の政府が判断することであると語りコメントを避けた。

 一方、間もなく正式に発足する新政府に関しては、国民及び野党が一丸となって新政府を支え国内問題の解決を前進させる事が重要であるとし、更に、新政府が不正・汚職問題を解決できなかった場合に再度軍がクーデターに動く可能性に関しては、国民の支持を得られない限りクーデターの実行は難しいとの考えを示した。

 またソンティ議長は、これまで透明、潔白、公正を旨に国家の為に職務を遂行してきた自負があると語り、(タクシン前首相に後押しされた)新政府による報復はあり得ないとの考えを示すと共に、今後に関しては、政治から距離をおき暫く国内で平穏に暮らして行きたいと語ると共に国外亡命や国外移住の噂を否定した。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。