2008年01月31日

南部情勢 (27-30日)

・27日昼過ぎ、パッターニー県パナーレ郡内で、バイクで路上を走行中だったイスラム系住民男性が何者かに銃撃され死亡。

・27日夕方、パッターニー県ヤッラン郡内で、バイクの2人乗りで路上を走行中だったイスラム系住民女性2人組がバイクに乗った2人組に銃撃され1人が死亡し1人が重傷。

・27日22:00過ぎ、ヤッラー県県都内リドン地区で、人数不明の一味が路上の警戒作業にあたっていた軍関係車両の通過に合わせ爆発物を爆発させると共に銃を乱射し、約10分間に渡って銃撃戦を展開した後に逃走。この爆破・銃撃により軍関係者1人が負傷。

・28日15:00過ぎ、ナラーティワート県ルゥーソ郡内で、教師の警護作業にあたっていた軍関係車両の通過に会わせ爆発物が爆発したが、軍側に人的・物的な被害は無し。

・28日深夜、ヤッラー県バンナンサター郡内で、RKKの幹部クラスが潜伏しているとの情報に基づき集中摘発作業中だった当局関係者と人数不明の一味との間で約20分間に渡る銃撃戦が発生し、銃撃戦により40歳の巡査部長補と一味側の男1人が死亡。死亡した男は、郡長私邸銃撃や殺害等で逮捕状が発行されており、また弟はRKKの主要幹部として身柄を追われていた。

・29日未明、ヤッラー県グロンピナン郡内で、バイクで路上を走行中だった33歳のイスラム系住民男性が、モスク付近に潜んでいた何者かに銃撃され死亡。

・29日午前、ナラーティワート県ルゥーソ郡内で、教師の警護作業を終え本隊に戻る途上にあった軍関係車両の通過に会わせ爆発物が爆発したが、軍側に人的な被害は無し。

・29日14:00過ぎ、ナラーティワート県ヂョアイローン郡内で、バイクで路上を走行中だったイスラム系住民男性がバイクに乗った2人組に銃撃され負傷。2人組は男性が応戦した際に発砲した銃弾が命中し負傷を負い、バイクを乗り捨て逃走。

・29日17:00過ぎ、ナラーティワート県ルゥーソ郡内で、バイクで路上を走行中だった47歳の副村長(イスラム教徒)が、バイク2台に分乗した4人組に銃撃され死亡。

・29日20:00前、ヤッラー県ヤッハー郡内で、43歳のイスラム系住民男性が自宅に押し入った人数不明の一味に銃撃され死亡。

・30日7:00前、ヤッラー県ヤッハー郡内で、バイクで路上を走行中だった32歳(報道により34)のイスラム系住民男性が何者かに銃撃され死亡。男性は治安担当の副村長だった。

・30日7:30前、パッターニー県ヤッラン郡内で、バイクで路上を走行中だった52歳(報道により55歳)のイスラム系住民男性が、バイク2台に分乗した4人組に銃撃され死亡。

・30日17:00過ぎ、ヤッラー県バンナンサター郡内で、村道内を歩行中にバイクに乗った、何れもレンジャー部隊の制服状の服を着た2人組の男に銃撃され負傷を負った40歳のイスラム系住民男性が、所持していた拳銃で応戦しバイクから転落した男1人を、男がバイクから転落した際に落としたナイフで頭部を切りつけ死亡させる。事件が発生した地域の住民は兼ねてから当局に非協力的で、男性の応戦を交わし逃走中だった男も住民側が身柄を取り押さえていたものの、その後解放していた事が明らかになっている。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。