2008年02月15日

マフィアに通じた警察中佐と名乗りカンボジア人労働者を強請っていた男を逮捕

 チョンブリー県県都の警察当局は14日、外国人を脅し金銭を強請り取っていた容疑でサケーオ県出身の男を逮捕し、警察中佐名が記された偽造の名札やカンボジア人労働者に発行された6人分の正規の労働許可証等を押収した。

 取り調べに対して男は、町で見かけたカンボジア人に対してサケーオ県アランヤプラテート郡警察署取り調べ班副指揮官のマフィアにも通じている警察中佐であるとすごみ、取り調べの為に逮捕すると脅迫し、見逃し料として一人あたり1,000バーツを支払わせ、現金の用意が無い者に対しては現金が支払うまで労働許可証を預っていたと証言しているという。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする