2008年02月28日

自称有名女性芸能人と共謀し金銭を騙し取った自称マネージャーのオカマを逮捕

 首都圏警察本部パトゥムワン署は26日夜、コンピュータ会社の男性セールスマン(29)から金銭を騙し取っていた容疑で、有名女性芸能人のポーラーのマネージャーを自称する29歳のニューハーフの男をマーブンクローン内の飲食店前で逮捕した。

 今回の逮捕は被害にあった男性セールスマン(29)と相談の上で行った囮捜査により実現したもので、被害にあった男性によると、昨年末頃にインターネットのチャットで有名女性芸能人と同じ名前のポーラーと言う名前で参加していた女と知り合いになり、互いに電話番号を交換しショートメール等でやりとりをしている内に相手が本物のポーラーであると思うようになり、その後女側からセントラール・ワールド内に出店している衣料品店の家賃の一部としてマネージャーを契約人として80,000バーツを貸して欲しいとの要求まで快諾してしまったという。

 その後貸した現金の返済期限である2月4日を過ぎた同月10日未明に、今度は女から涙声で飲酒運転の検問から逃げた際に小型トラックと衝突事故を引き起こし逮捕されたとの電話があり、女の要求に基づきマスコミへの口封じ代の一部として50,000バーツ、検察への対策費用の一部として50,000バーツを別々に貸し出したが、その後同月24日になって更に未払いの税金の一部として75,000バーツを貸して欲しいとの電話があったため、不審に思い警察に相談すると共にポーラーと名乗る女のマネージャーの名前をChannnel [V}に照会した結果同社とは無関係であることが判り今回の囮逮捕に繋がったという。

 警察側は組織的な犯行と見て範囲を広げ捜査を展開すると共にポーラーと名乗る女性を始めとする仲間の逮捕を急ぐとした。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。