2008年03月27日

パラン党直系(?)の連合対抗組織が正式に旗揚げ

 先に、28日に開かれる反タクシン派の民主主義市民連合のセミナーに対抗して、親タクシン派の集会を連合幹部のソンティ・リムトーングン氏系のプッヂャッガーン紙/ASTVの本社があるプラアーティット通り近くで開催する方針を明らかにしていた、パラン・プラチャーチョン党所属サムットプラーガーン県選出下院議員で、親タクシン派とは一切無関係であると主張していた反クーデター派の独裁制に反対する土曜日の人々の幹部だった事でも知られるプラチャー・プラソップディー氏は26日、民主主義保護の為に集う一大国民グループなる組織を正式に旗揚げすると共に、28日に予定通り集会を開催する方針を明らかにした。

 このグループは、プラチャー氏以下、パラン・プラチャーチョン党所属の現下院議員や元下院議員候補者が中心になって組織されたもので、総選挙により国民から支持された現体制の保持及び体制の失墜を意図した動きに反対する事を活動目標に掲げている。

 尚、先にサマック首相が不適切であると指摘していた、28日に予定されている同グループの集会に関しては、予定通りラタナコーシン・ホテル(Royal Hotel)内で、連合幹部5人の知られざる背後関係をテーマーとしたセミナーを開催する予定で、集会後に街頭活動に出る予定は無いという。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。