2008年03月28日

4歳女児を乱暴した男、急所に集中攻撃を受けた上で警察に突き出される

 27日昼過ぎ、サラブリー県ゲーンコーイ郡内で、葬儀が行われていた寺院内のトイレに4歳の女児を連れ込み性的な暴行を振るった47歳の男が、参列者等に暴行を振るわれた上で警察に突き出された。

 被害にあった女児を連れ親戚の葬儀に参列していた女児の祖母(53)によると、昼食時間中に女児がいないのに気づき、寺院内を探した結果、トイレ内から女児が泣きながら救いを求める声が聞こえたため、大急ぎで参列者に協力を頼んでトイレのドアをこじ開け、女児を救出すると共に、参列者等が裸の状態でトイレ内にいた男に暴行を振るった上で身柄を確保し警察に突き出したという。

 警察に突き出された当時、男は異常な興奮状態にあり、また、男の急所部分には、集中的に暴行を受けた跡があったという。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。