2008年04月30日

元風俗王のチューウィット氏が次期バンコク知事選に出馬を表明

 元チャート・タイ党副党首で、前回のバンコク特別自治体知事選出選挙で三位で落選していた、嘗てマッサージパーラーの経営者として、警察によるみかじめ料徴収の実態を告発し当局側と対立し、一躍マスコミの寵児に躍り出た事でも知られるチューウィット・ガモンウィシット氏は29日、無所属で次期知事選に出馬する方針を明らかにした。

 現バンコク知事のアピラック・ゴーサヨーティン氏は8月28日に任期を満了し、10月に知事選出選挙が行われる見通しになっている。

 出馬表明の中でチューウィット氏は、職務遂行の障害になる政党に縛られない、不正・汚職の無いバンコクの創成を目指すと共に、真摯な姿勢で地球温暖化防止に取り組む象徴的な都市としてのバンコクの創成を目指していきたいという。

 また、アピラック現知事に関しては、個人的には、目標と確信を持って、しっかりと且つ勤勉に職務に邁進している同氏と競い合う立場にはなりたくないとしたが、同氏が民主党という政党に縛られている限り戦わなければいけないとした。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。