2008年04月30日

逃げる夫の車のボンネットに飛び乗った女性が中央分離帯に衝突し死亡

 29日昼過ぎ、バンコク隣県のノンタブリー県県都内の幹線上で、夫が運転していた小型トラックのボンネットに飛び乗った女性(51)が、女性を振り落とすために夫が左右に急ハンドルを切りながら走行していた際に、小型トラックが中央分離帯のレールに衝突し、女性が死亡し、夫(33)及び同乗していた弟(32)が重傷を負うという事故が発生した。

 調べによると、小型トラックを運転し女性のもとから逃げている最中だった夫をタクシーで追いかけていた女性が、ガソリンスタンドから出てくる夫が運転する小型トラックを発見し、行く手に立ちふさがった上で小型トラックのボンネット部に飛び乗り車を制止させようとしたが、逆に夫側が小型トラックのスピードをあげ左右に急ハンドルを切ったり、急停止をさせて女性を振り落とそうとしたが、それでも、女性が振り落とされなかった為、中央分離帯のレールに車をかすらせた衝撃で女性を振り落とそうとした際に、ハンドル操作を誤りレールに激突したと見られる。

 警察側は、元カフェー歌手の女性と保険会社で警備の職に就いている夫との間で日頃から喧嘩が絶えなかったこと、また、小型トラックの中から夫のものと思われる衣料品や生活用品が発見されたことから、夫が女性と別れる決心をし、所有者が女性名義になっている小型トラックを運転して女性のもとから離れようとしていた際に、夫が自分名義の小型トラックを運転して逃げたことを知った女性がタクシーで追いかけ、今回の事故になったとの見方を示した。

 事故の一部始終を目撃していた、女性を乗せたタクシーの運転手によると、女性が携帯電話を使用して車内から夫と話をしていた際に、度々「私の車を何処に持って行こうとしているの」と叫んでいたという。

* 報道に基づいて女性の年齢を51にしていますが、31が正しいかもしれません。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。