2008年05月07日

児童ポルノ容疑でFBIから手配されていたウズベキスタン男を逮捕、パッタヤー近くで

 警察中央捜査局は6日、販売及び資金洗浄目的でサイトを利用して児童ポルノを配布していた容疑で、アメリカのFBIから重要指名手配者として身柄を追われていたウズベキスタン人の人の男(39)チョンブリー県バーンラムン郡内のヂョムティヤン・ビーチ付近で逮捕した事を明らかにした。

 尚、報道により、男の国籍をアメリカとするものもある。

 同局によると、男は、約2年前にタイに住み着き、複数のロシア人と共同で旅行代理店を経営しており、昨年8月には偽造クレジットカード使用でタイ当局に摘発されたが、不起訴処分になっている。

 男の身柄は、タイ国内に於ける法的手続きを経た後にアメリカ当局に引き渡される予定になっている。

* 実は私、まだ一度もパタヤに行ったことが無いのですが、なんか色々と楽しそうな所ですね。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。