2008年05月30日

反連合派、連合幹部を国家反逆罪で刑事告発

 29日午前、反連合派の6月24日民主主義グループの幹部等約20人が首都圏警察本部サムラーンラーサドン署を訪れ、民主主義市民連合幹部のソンティ・リムトーングン氏を国家反逆罪で刑事告発した。

 同グループによると、ソンティ氏が25日に行なった演説の際に、クーデター発生の要因に為り得る対立を激化させる事を意図して、憲法改正を主張している者達は国体を共和制に変える事を目指していると事実に反する発言を繰り返した事が、刑法116条に規定された国家に対する反逆行為に該当するのだという。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。