2008年05月31日

ヂャクラポップ首相府大臣が辞意を表明

 不敬罪疑惑が持たれているヂャクラポップ首相府大臣は、30日正午過ぎに首相官邸内で行われた記者会見の席上で、自らに持たれている疑惑を攻撃材料に利用している反対勢力から首相を守る為に首相府大臣を辞職する決意をした事を明らかにした。

 同大臣によると、30日中に辞職願を首相宛に提出し、6月2日付けで正式に辞職となる見通しだという。

 しかし、昨年8月に行われた英語のスピーチが不敬罪に抵触していると指摘されている事に関しては、あらためて否定した上で、司法の場で潔白を証明して見せると語ると共に、自らが言われもない疑惑をネタにしたゲームの犠牲者である事を強調した。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。