2008年05月31日

連合、タクシン体制の傀儡たるサマック政権の打倒を目標に掲げる

 民主主義市民連合は30日20:00過ぎ、タクシン体制の傀儡たるサマック政権の打倒を新たな活動目標に掲げた。

 活動方針発表の中で連合は、私利私欲の為に安定した権力を手中に収めることを画策しているタクシン元首相の傀儡として、タクシン政権による汚職・不正をもみ消すために司法に介入したり、議会内での優位性を乱用して己の利益の為に憲法改正を目指しているだけでなく、立憲君主制そのものに危険をもたらしているサマック政権の打倒を目指すとした。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。