2006年07月04日

暫定首相、ソンティ氏の逮捕要求を喜劇と切り捨てる

 タクシン暫定首相は3日、先に民主主義市民連合幹部のソンティ・リムトーングン氏等が、国民全てが憲法の下に存在しているにもかかわらず憲法を超越した所に存在し、しかも政治的な混乱を引き起こした元凶でもあるカリスマの存在を認知していながら一切法的な措置を講じていないのは職務遂行義務違反であるとして、暫定首相を刑事告発すると共に逮捕を要求した事に関して、一言「喜劇だ!」と切り捨てましたが、しかし具体的なカリスマの名前を明らかにするよう要求する声が日増しに高まっている事に関しては、時間が経てば済む話しであるとし、とにかく全員が与えられた任務を遂行する事が重要であると語り、質問をはぐらかしていました。

 一方、名前に王族系統のタイトルを冠する、いわば社会的なカリスマ的存在である女性達が連名で3日、国民の多くがタクシン暫定首相のカリスマ発言をプレーム枢密院評議会議長を超える権威を持つ、国内で最も繊細な部分に触れたものであると解釈し憂慮しているとして、早急に人物名を明確にし国民の憂慮を解消するべきであるとする要求書をタクシン暫定首相宛に提出しました。

 終いには、政治的な混乱を引き起こしたカリスマとは、法定の任期を終えながらも暫定首相に留まり、しかも暫定首相の分際で姑息にも定例政権放送を再開しやり直し総選挙で有利に戦おうと画策し、更にやり直し総選挙を意識して来年に公務員給与を値上げするとまで発言しちゃってる、北部・東北部地区限定のカリスマ的存在であるタクシン暫定首相のことで、ブワンサック内閣秘書長官やウィサヌ副首相が辞任したのは、思い通りに強引且つインチキな法解釈が出来ない様な奴は必要ないとのタクシン暫定首相の意向が反映したものであるとでも説明して逃げ切るつもりなんでしょうかね > タクシン君

posted by Jean T. at 02:24| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

ソンティ氏、タクシン暫定首相を刑事告発

 民主主義市民連合幹部のソンティ・リムトーングン氏は6月29日、都内ルムピニー公園内で行われた公開放送の中で3日に暫定上院議員等と連名で国家警察本部に対してタクシン暫定首相を職務遂行義務違反で告発する方針を明らかにしました。

 放送の中でソンティ氏は、タクシン暫定首相は、徳のあるカリスマが政治情勢の悪化を招いたと非難しているにもかかわらず、一切その憲法をも超越したカリスマに対して法的な処置を講じていないのは、自らを"民主主義の守護者"と標榜している暫定首相の職務遂行義務を怠っていると指摘せざるを得ないとした上で、今回の告発により警察に対して暫定首相が指すカリスマとは誰かについて捜査を要請すると共に、警察が国王陛下の為に働く警察なのか、それともタクシン体制の為に働く警察なのかを見極めるつもりであると語っていました。

posted by Jean T. at 02:35| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

民主主義市民連合、7月4日に幹部間協議

 民主主義市民連合幹部のソムサック・ゴーサイスック氏は6月30日、7月にタクシン体制打倒を視野に入れた大規模なデモ行動を行う可能性を示唆した上で、4日に今後の活動方針を決めるために5人の幹部が協議を行う方針を明らかにしました。

 またソムサック氏は、タクシン暫定首相が定例政見放送の再開を決定した事は、明らかに一時引退宣言を撤回しタクシン体制の継続を宣言した事に等しいと指摘しました。

posted by Jean T. at 02:25| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

民主主義市民連合、タクシン体制の終了をキーに活動を継続

 民主主義市民連合は24日、全国の傘下団体関係者を交え第一回の総会を開催し、危機的状況を救うための三裁判所の取り組みを全面的に支持し、政治改革の障害となるタクシン体制の終了及び政治改革の推進をキーに活動を継続させることを再確認すると共に、今後もタクシン体制が権力に固執し、裁判所を初めとする独立機関への干渉が続くようなら、何時でも抗議行動を開始することができるよう備える事で合意に至りました。

 一方、連合幹部の一人であるピポップ・トンバイ氏は総会終了後に開かれた記者会見の席上で、現在の政治情勢は、道理や法的根拠に耳を貸さず、更に民主主義の精神を無視し己の一族の利益及び国家のリーダーとしての己の立場の延命の為に権力を行使する精神を病んだタクシン暫定首相を大株主とするタイ・ラック・タイ党を代表者とする進歩的資本主義と保守的資本主義の闘争によりもたらされたが、しかしタクシン党首が実際に目指す資本主義は独占的な権力を乱用しシン社を外国に売り飛ばすような進歩的とはほど遠い時代遅れなものであると指摘しました。

 また、幹部の一人のソムサック・ゴーサイスック氏は、タクシン体制が掲げる大衆主義は、草の根を草の根のままで終わらせる非民主主義的な政策であるばかりか、村再生基金政策により村民に携帯電話等の高額品を購入する機会をもたらし、村民1人あたりの負債を7,000バーツから1万バーツに増加させたと指摘しました。

posted by Jean T. at 02:29| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

民主主義市民連合、24日に総会

 民主主義市民連合のスリヤサイ調整役は18日、来る24日にタンマサート大学ランシット校舎内で全国76県の傘下団体関係者の参加を得て総会を開催する事を明らかにしました。

 約1,500人が参加すると見られる総会では、今後の活動方針、不安定な政治情勢を解決するための三裁判所の取り組みへの支持の再確認、現在の政治情勢及びタクシン体制に関する総括を行う他、主権在民をキーに政府の権限範囲を縮小する政治改革への取り組みの再確認を行う予定で、また集会の開催やデモ活動に関しては、現在の政治情勢を見極めた上で方針を決定する方針でいるようですが、仮に三裁判所の取り組みに反対する動きやタクシン暫定首相の南部問題を初めとする国内問題の解決に向けた取り組み次第では、国内に対立をもたらさないよう細心の注意を払い規模を縮小して集会やデモ活動を行う方針でいるようです。

 尚、連合幹部の一人であるソムサック・ゴーサイスック氏は先に、24日の総会では7月に予定されている市民集会に関して話し合う事になっていると発言していました。

posted by Jean T. at 01:30| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

民主主義市民連合、暫定首相の裏切りが対立に火をつける

 民主主義市民連合のスリヤサイ調整役は23日、タクシン暫定首相が職務復帰した事は対立に火をつける裏切り行為に等しいと指摘しました。

 発言の中でスリヤサイ氏は、先のタクシン首相の次期首相指名辞退宣言及び続く休養宣言は国王陛下の思し召しを受けた特別な宣言であると指摘した上で、不安定な政治情勢が潜在化している状況の中で、それを翻し復帰宣言をする事は社会対立を煽るだけでなく、南部情勢にも深刻な影響を与えると指摘しました。

posted by Jean T. at 02:27| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

学生団体、選挙委員3人の辞職を求め26日に集会

 都内パトゥムワン区にある選挙委員会が入居するシーヂュラサップ・ビル前で選挙委員会委員3人全員の辞職を求め抗議活動を展開している学生団体は20日、あらためて委員全員が辞任するまで抗議活動を展開する方針を再確認すると共に、26日16時から同ビル前で集会を開催する方針を明らかにしました。
posted by Jean T. at 02:17| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

連合、デモ行進の中止を決定

 民主主義市民連合のスリヤサイ調整役は19日、22日朝に予定されていた三裁判所へ支持を表明する為のデモ行進の中止を決定した事を明らかにしました。

 これは、最高裁判所側が、交通障害を引き起こし、また三裁判所が中立的ではないとのイメージを国民に与える恐れがあるとして連合側に対してデモ行進の中止を要請していた事を受けたもの。

 尚、20日18:00から予定されているルムピニー講演でのムァン・タイ・ラーイ・サプダーの公開放送は予定通り行う予定とのこと。

posted by Jean T. at 03:11| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

最高裁秘書官、連合のデモ行進に難色

 最高裁判所秘書官のウィラット・チンナウィニヂャグン氏は18日、民主主義市民連合が三裁判所の国家的危機を救うための活動に支持を表明する為に22日に最高裁判所前までデモ行進を行う方針を明らかにしている事に関して、三裁判所を支持し激励してくれる事に感謝の意を表明した上で、交通障害を引き起こし都民の生活に困難をもたらすだけでなく、三裁判所の中立性に対する疑念を国民にもたらす恐れがあるとしてデモ行進を思い留めるよう連合側に要請しました。
posted by Jean T. at 02:23| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

民主主義市民連合、三裁判所に支持を表明する為のデモ行進を計画

 民主主義市民連合は17日、来る22日に憲法裁判所、最高行政裁判所及び最高裁判所の三裁判所に対して支持を表明する為にデモ行進を行う方針を明らかにしました

 これは17日行われた連合幹部5人による協議の席上で決定されたもので、連合側によると22日に朝8:30にラーマ5世像前からの出発を予定しているデモ行進では、国家的危機を救うために最善を尽くしている三裁判所の取り組みに支持を表明すると共に、あらためてタクシン暫定首相の復帰阻止及び裁判所側によって選ばれた新メンバーによる公正なやり直し選挙を実現させる為に現選挙委員会委員の辞職を求める方針であるとのこと。

 一方昨日午後、都内パトゥムワン区内にある選挙委員会が入居するビルの前で、選挙委員の総辞職を求め座り込み抗議活動を展開している連合傘下団体関係者と選挙委員を激励するために訪れた団体との間で小競り合いが発生しました。

 報道によると、小競り合いはワーサナー選挙委員会委員長への激励訪問を終えた団体が、ビル前にあった抗議文が記された看板や国立大学学生連盟が設置した抗議活動用の演台等を破壊しようとしたことから、抗議関係者との間で小競り合いが発生し、一時は険悪な状況になったようですが、最終的に当局側が約50人の当局関係者を投入し鎮静化させたようです。

posted by Jean T. at 01:46| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

南部の連合傘下団体、選挙委員の総辞職を求め大規模な集会

 南部に拠点を置く民主主義市民連合の傘下団体は15日、選挙委員会委員の総辞職を求めるために法律の要件である5万人以上の署名を集めるための運動を南部14県内で展開すると共に、20日にソンクラー県のハート・ヤイ駅前で連合の方針を知らせるために大規模な市民集会を開催する方針を明らかにしました。

 一方、首相支持派の貧困者キャラバンは15日、選挙委員会が10月22日にやり直し選挙を行う方針を決定した事は、90日間以上の期間を政党関係者に与え選挙実施前に政党間の移籍を可能にするとして評価できるとした上で、全ての活動を停止させる方針を決定しています。

 また、この決定により15日夕方に予定されていた選挙委員会への激励訪問もキャンセルされたようです。

posted by Jean T. at 01:56| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

タイ・ラック・タイ党副報道官、連合側の対応は行きすぎと非難

 タイ・ラック・タイ党のヂャトゥポン報道官は11日、民主主義市民連合側がタクシン暫定首相の政界復帰に断固として反対する方針を明らかにしている事に関して、国内の平穏を望まれる国王陛下のご意向を無視するだけでなく、タイの将来をも自分たちの手中に収めようとする行きすぎた対応であると非難しました。

 同副報道官によると、タクシン暫定首相は他のタイ人と同じ権利を有するタイで生まれた正真正銘のタイ人であり、政党の党首として政治の世界に身を置く権利があるんだそうな。

 因みに、"他のタイ人と等しくタイ人としての権利を有する"タクシン君は在任中に、えこひいき政策を"等しく権利を有する"他のタイ人に対して思いっきり施行してたわけなんですが。。。

posted by Jean T. at 02:20| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貧困者キャラバンの女性幹部が帰郷後に突然リッチに

 タクシン首相支持派の貧困者キャラバンの女性幹部が、帰郷後に地方では超高級な部類に属するタイで一番売れている日系の小型トラックを購入したりと突然裕福になり、地域住民の間で不信感が広がっているんだそうな。

 ローイエット県在住の女性幹部側は、魚の養殖に使用していた遊休地と引き替えに新車を購入したとか、友人とやっている事業の利益から購入したなどと言って、タイ・ラック・タイ党から特別な計らいを受けていたとの疑惑を否定しているようですが、女性のかけ声でキャラバンに参加した地域の住民の間では、キャラバンの取りまとめ役として特別な手当をタイ・ラック・タイ党側から受け取っていたり、参加した住民への支給分をピンハネしたのではないかとの疑惑が拭い切れていないようです。

 また、住民の中には一日1,000バーツの約束で20日間参加したから2万バーツもらえた筈なのに、たった1万バーツしかもらえなかったと秘密を暴露する者まで現れているんだそうな。

posted by Jean T. at 02:18| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

警察、ソンティ氏等を不敬罪で送検

 警察は10日、民主主義市民連合幹部のソンティ・リムトーングン氏及びコム・チャット・ルゥック紙編集長のチャリヤオ・コントゥック氏を不敬罪で送検しました。

 検察側は9人の検事で構成された専門チームを組織し刑事告訴の是非を検討し、6月8日結論を発表する方針でいるようです。

posted by Jean T. at 02:35| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

警察、民主主義市民連合幹部5人を送検

 警察犯罪制圧局は8日朝、民主主義市民連合の5人の幹部を刑事起訴に向け検事総長に対して送検手続きを行いました。

 警察犯罪抑止制圧局は8日朝、国民を煽動し政府の転覆を企て、また国内に混乱を来したこと、無許可行進により交通に支障を来した等5つの事由で民主主義市民連合幹部5人を刑事起訴する為に、検事総長に対して送検手続きを行いました。

 尚、検事総局側は、起訴の是非について検討を行う為に15人で構成された専従チームを組織すると共に、29日い幹部5人に事情聴取を行う予定になっているようです。

 一方、今回の送検に対して連合幹部のソムギヤット・ポンパイブーン氏は、タクシン暫定首相及び関係者が関係する案件に対する対応と連合の対応の違いを例に挙げた上で警察側の二重基準を非難しています。

 同氏は発言の中で、不敬罪や電気発電公社民営化関連、憲法裁判所判事の買収疑惑、金融再生開発基金が差し押さえた土地の不正取得等々のタクシン暫定首相や夫人及びその一族関係者が絡む不正案件に対する警察側の対応が殆ど進捗していない一方で、反タクシン派の案件に関してはめまぐるしい進捗を見せているのは、明らかに警察側に二重基準が存在していると指摘せざるを得ないと語っていました。

posted by Jean T. at 02:27| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前上院議員宅で爆発、連合の活動が関係か

 8日3時前、ナコン・ラーチャシーマー県県都内にある前上院副議長のピチェート・パタナチョーティ氏(現暫定上院議員)の自宅に爆発物が投げ込まれるという事件が発生しています。

 尚、この爆発による人的な被害に関しては確認されていません。

 警察側は、使用された爆発物の威力が弱かったことから、何らかの理由でピチェート氏を脅迫する目的で行った犯行との見方を強めているようです。

 ピチェート氏は、民主主義市民連合の主要メンバーの一人としても知られていました。

posted by Jean T. at 02:26| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

ソンティ氏らを不敬罪で送検する方針を固める

 警察側は、民主主義市民連合幹部の一人であるソンティ・リムトーングン氏及び同氏のインタビューを掲載したとされるコム・チャット・ルゥック誌について不敬罪で送検する方針を決め、その方針を伝えるために8日9時に両者を警察に召喚していた事が明らかになっています。

 消息筋によると、警察側はソンティ氏の発言が収録されたVCD及びコム・チャット・ルゥック紙に掲載されたインタビュー記事に基づき送検する方針を固めた模様。

 また、民主主義市民連合の幹部5人に対しては、市民等を煽動し政府を転覆させ、また国内の不穏な情勢を煽った容疑、無許可で大衆を引き連れ交通の混乱を煽った容疑、無許可でポスターや拡声器を使用した容疑等5つの容疑で立件する方針を警察側が固め、8日9時に当該幹部5人を警察に召喚している事も明らかになっています。
posted by Jean T. at 02:15| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

タクシン警察中佐が選挙に出馬するなら追い出しの為の活動を再開

 民主主義市民連合幹部の一人であるソンティ・リムトーングン氏は5日に放映されたCNNのインタビューの中で、仮に憲法裁判所が4月2日に行われた総選挙が無効であると判断し、やり直し総選挙が行われた場合に、先に次期首相指名の辞退すると宣言していたタクシン・チンナワット警察中佐が再度総選挙に出馬したり、中央選挙委員会の委員が4月2日の総選挙の際と同じメンバーでやり直し選挙が行われる様な事があれば、全てが振り出しに戻るとして再度大規模な集会活動を再開するとの方針を明らかにしました。

 一方、6日に今回のソンティ氏の発言について聞かれたチットチャイ暫定首相代行は、私ではなくソンティ氏や連合の全てを知っている国民に聞くべきであると語り、言外に再度大規模な活動に出ることがあれば二度と国民の支持を得ることは出来ないだろうとの認識を示していました。

 また、先に中央選挙委員会のワーサナー委員長の発言を擁護する発言をした事に関しては、あくまで確信をもって己の職務を遂行している人物の発言として擁護しただけで、これまでにタイ・ラック・タイ党に便宜を供与してきた云々といったこととは一切無関係と語っていました。

posted by Jean T. at 00:26| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

選挙委員会前で座り込み抗議を行っている団体に向け火炎瓶

 4日未明4:50頃、都内パトゥムワン区内にある中央選挙委員会が入居するビル前で座り込み抗議活動を展開していた民主主義市民連合の傘下団体のテントに向け火炎瓶が投げ込まれるという事件が発生しました。

 中央選挙委員会が入居するビルの前では、3日午後に選挙委員会委員を激励に訪れたタクシン暫定首相支持派の貧困者キャラバンの関係者と座り込み抗議を展開している関係者との間で小競り合いが発生したばかりでした。

 投げ込まれた火炎瓶はスタミナドリンクのM-150の空き瓶を使用した物で、バイクで現れた色黒長身の男が投げ込んだと見られているようですが、幸い人的な被害は確認されていないようです。

 座り込み抗議活動に参加している関係者によると、これまでにもテントに向け石を投げ込まれたり、テントに火をつけようとされたりすることがあったそうです。

posted by Jean T. at 02:25| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

民主主義市民連合、毎週土曜日に公開放送

 民主主義市民連合は2日夜、都内ルムピニー公園内で開かれた市民集会の席上で20日以降毎週土曜日にムァン・ラーイ・サプダー(Thailand Weekly)の公開放送を行う方針を明らかにしました。

 今後は"政治コンサート"を主テーマに公開放送を行い、ゲストスピーカーには元バンコク選出上院議員でタクシン首相の批判本の出版で知られるヂュムサック・ピントーン氏等が出演する予定になっているようです。

 因みに、上院議員に就任する前は政治トークショーの司会進行役として知られていたヂュムサック氏は、タクシン政権によって放映中止措置が講じられた第一号としても知られています。

 一方、1992年の5月動乱の際に軍事政権から与えられたニュース原稿を読むことを拒否し国民から喝采を浴びた事でしられる当時のch7の看板キャスター(名前忘れた)は、その後タイ・ラック・タイ党に所属し、第一次タクシン政権を生み出した総選挙の際に選挙違反で摘発されるという情けない人生を歩んでいたりしています。

posted by Jean T. at 01:35| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。