2011年01月20日

ナラーティワートの駐屯地で銃撃戦、軍関係者10人が死傷

 各報道によると、19日20:00頃、ナラーティワート県ランゲ郡内で、複数手に別れた10人前後と見られる人数不明の武装した集団が軍の駐屯地に向け銃を乱射した事をきっかけに銃撃戦が発生し、この銃乱射及び銃撃戦により大尉クラスを含む4人の軍関係者が死亡し、6人が負傷した。

 集団側は、電線を切断し周囲一体を停電させると共に路上に燃えるタイヤを放置するなどしながら逃走した。

 治安当局は、地域一帯で活動している分離主義組織関係者が犯行に関与していると見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 09:06| バンコク | 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

ナラーティワートの川から住民男性2人の惨殺体が回収される

 各報道によると、9日10:00前、ナラーティワート県ランゲ郡内を流れる川で住民2人の惨殺体が発見され回収された。

 回収された遺体は、28歳と20歳のイスラム教徒の住民男性2人で、死後4-5時間と見られている。

 また、遺体の状況から布で口を塞がれ暴行された上で射殺されたものと見られている。

 警察は、2人に対して怨恨を持つ者による犯行、ないしは何者かが2人から何らかの情報を聞き出すために暴行した上で射殺し遺体を川に遺棄したと見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 00:07| バンコク ☀| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

ナラーティワートで不審物回収作業中に爆発、2人が死亡

 各報道によると、1日朝、ナラーティワート県スンガイパーディー郡内で、電柱脇で発見された爆発物と思われる不審物の回収作業が行われていた際に爆発が発生し、回収作業中だった国境警備警察隊所属の警察官2人が死亡し、警察官5人及び住民6人が負傷した。

 携帯電話を使用した遠隔起爆式の爆発物が犯行に使用されたと見られ、また爆発物回収作業に使用される機器に不具合が発生した為、手作業で回収作業が行われていた際に爆発が発生した。

 治安当局側は、南部国境三県域で発生している一連の不穏な動きに関与している分離主義組織関係者が犯行に関与していると見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 12:54| バンコク | 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

南部3県域で爆破、銃撃が相次ぐ

 各報道によると、30日9:00頃、ソンクラー県サバーヨーイ郡内中心部の市場前にある治安当局の検問近くにあるベンチ下に仕掛けられていた、携帯電話による遠隔起爆式と見られる爆発物が爆発し、郡警察署所属の警察官5人が負傷した。内1人は重傷だという。

 尚、初期報道段階では、犯行にバイク爆弾が使用されたとする報道も見られた。

 また、この爆発に絡んで、爆発発生直後に現場近くで服を着替えていた2人組みの男の身柄が拘束され事情聴取が行われている。

 ヤッラー県バンナンサター郡内では、28日19:30頃、人数不明のグループが軍の臨時駐留地に向け複数発のM79を撃ち込み、軍関係者5人が負傷した。

 軍側は、かねてから現場となった臨時駐留地に対する攻撃が計画されているとの情報に基づき、周囲の警戒を強化していた。

 また、翌29日8:00過ぎには、同県ターントー郡内で、路上の安全確認作業中だった軍関係者を狙った爆発が発生し、軍関係者1人が負傷した。

 パッターニー県ガポー郡内では、30日3:30頃、警戒任務を終えバイクで帰宅途上だった村自警組織に所属するイスラム教徒の男性(18)が、何者かに銃撃され死亡した。

 また、ナラーティワート県シーサコン郡内では、29日早朝、人数不明のグループが小型トラックで移動中だった村長(37)及びその弟(31)に向け銃を乱射し、弟が死亡し村長が重傷を負った。

 村長等は、政府プロジェクト関連の公報看板の取り付け作業を終え帰宅する途上だった。

posted by Jean T. at 00:06| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

ナラーティワートで地域指導者等を乗せたトラックが銃撃され3人が死亡

 各報道によると、24日11:00前、ナラーティワート県ルゥーソ郡内の路上で、小型トラックの後部荷台に乗った2人組みの男が、地区行政評議会議長等3人が乗った小型トラックに向け銃を乱射し、議長(45)、イスラム教指導者(60)及び評議会議員の男性(40)が死亡した。

 現場から30発前後の薬莢が回収されている。

 議長等は、郡庁内で行われた定例会議への出席を終え帰宅の為に移動中だった。

 警察は、分離主義組織関係者が犯行に関与している可能性もあると見て捜査を進めている。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

ヤッラーで民兵が手を縛られ、口を塞がれた上で射殺

 各報道によると、13日、ヤッラー県ラーマン郡ヂャグワ地区で、学校の警戒作業中だった村自警組織に所属するイスラム教徒の男性(18)が、学校に押し入った武装した7人組みに拉致され学校裏手の林内で射殺された。

 調べによると、学校に押し入った7人組みは、当時学校の警戒作業にあたっていた4人の村自警組織員が所持していた銃器等を強奪した上で、男性を連れ出し、学校の裏手で男性の手を縛り、口を塞いだ上で銃弾2発を男性に撃ち込み殺害した。

 また、7人組みが軍服状の服を着用していたとする報道もある。

 治安当局側は、地域に潜伏する分離主義組織関係者が地域内に於ける影響力拡大と村自警組織に対して恐怖心を植え付ける目的で犯行に及んだと見て捜査を開始した。

 また、ナラーティワート県スンガイ・パーディー郡内では13日早朝、バイクで路上を走行中だったイスラム教徒の男性(48)が何者かに銃撃され死亡した。

 男性は、南部情勢が激化した後にマレーシア領内に逃れた131人のイスラム系住民の1人で、帰国後は、マレーシア領内にある建設材料店で働くために毎朝国境を通過していたという。

posted by Jean T. at 08:04| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

南部国境三県内でゴム農園を狙った連続爆破が発生し16人前後が死傷

 各報道によると、25日1:00過ぎから10:30過ぎにかけてナラーティワート県7郡内にある10箇所前後のゴム農園内で連続して爆発が発生し、農園内で作業中だった住民1人が死亡し、12人前後が負傷した。報道により負傷者の内2人が警察官とするものもある。

 また、パッターニー県サーイブリー郡内では25日6:30過ぎに2箇所のゴム農園内で連続して爆発が発生し、作業中だった何れも50歳の男性2人が負傷し、ヤッラー県ラーマン郡内では25日6:00過ぎにゴム農園内で爆発が発生し、作業中だった70歳(報道により72歳)の男性が負傷した。報道により男性が爆発物を踏んだ衝撃で爆発が発生したとするものもある。

 一方、24日8:00前、ヤッラー県県都内の路上で、人数不明のグループが走行中のワンボックスカーに向け銃を乱射し、運転していたイスラム教徒の男性(55)及びその姪(13)が負傷した。男性は姪を学校に送り届ける途上だった。

posted by Jean T. at 00:20| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

武装集団が果樹選別作業中の仲買人等に向け銃を乱射し8人が死傷、パッターニーで

 各報道によると、28日19:30頃、パッターニー県サーイブリー郡内で、人数不明の武装集団が、ロンゴン畑の倉庫内で果樹の選別作業中だった仲買人や畑関係者に向け銃を乱射し、仲買人の女性1人を含む5人が死亡し、10歳と8歳の姉弟を含む3人が負傷した。

 死傷した8人の内、仲買人の4人は全員南部国境三県域外の者で、また残りの4人はイスラム教徒の畑関係者だった。

 調べによると、小型トラックで現れた5人前後と見られる治安当局者風の衣装を着込んだ男が、作業中だった8人に向け銃を乱射すると共に倉庫前に駐車してあった車に油をかけ火を放った上で逃走した。

 治安当局は、分離主義組織関係者による犯行と見て捜査を進めている。

 一方、28日8:50頃、ヤッラー県グロンピナン郡内で、児童送迎用の小型トラックを狙った爆発が発生したが、当時車内にいた50歳と45歳の運転手夫婦には被害は無かった。

 運転手によると、爆発発生前に付近の林に人が潜んでいるのを目撃しており、また小型ラックを軍関係者のものと勘違いして爆発物を起爆したのではないかという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☔| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

ナラーティワートで集落内にある仏教徒住民の家屋全てに向けた銃乱射で4人が死亡

 各報道によると、18日20:00過ぎ、ナラーティワート県バーヂョ郡内で、分離主義組織関係者と見られる10人前後のグループが、集落内にある3軒の仏教徒住民の家屋に向け銃を乱射し、1軒目の家屋で83(報道により89)歳の男性、2軒目の家屋で47歳と58歳の夫婦、3軒目の家屋で76歳の女性が死亡した。

 実行グループは、銃乱射後に各家屋に火を放った上で逃走した。

 これまでの調べで、実行グループが小型トラックとバイクに分乗して現れ、集落内に3軒だけ残っていた仏教徒住民の家屋全てに向け銃を乱射し、放火していた事が確認されている。

 警察は、地域内で展開している分離主義組織RKKの関係者が、仏教徒を地域外に追い出す目的で犯行に及んだと見て捜査を進めている。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

8日に南部5県開発会議を招集、教師夫妻殺害事件の発生により動揺が広がっている事を受け

 各報道によると、アピシット首相は7日、南部国境3県域を中心にした教師や当局関係者の安全確保体制強化について協議する為に8日に南部国境5県開発会議を招集する事を明らかにした。

 これは、7日6:30頃に、ナラーティワート県ランゲ郡内で、学校に向かうためにバイクの2人乗りで路上を走行中だった54歳と53歳の教師夫妻(仏教徒)が、バイクに乗った2人組に銃撃され夫が即死し、妻が搬送先の病院で死亡した事件が発生した事を受けたもので、この事件の影響で県内の約465箇所の学校が当初予定で3日間の休校を決定し、またヤッラー県やパッターニー県内の教師の間にも動揺が広がっていた。

 また、ほぼ同時刻に同じくランゲ郡内で、ゴム農園内の状況確認中だった72歳の仏教徒の男性が地中に埋められていた爆発物を踏み負傷するという事件も発生していた。現場となったゴム園は、前日夜半から7日未明にかけて何者かによりゴムの木が伐採されるなどの被害を受けており、男性は被害状況のチェックを行っている最中だった。

 一方、パッターニー県内では、6日22:30頃サーイブリー郡内で、警戒作業にあたる治安当局者の為に校門を開けている最中だった学校用務員の男性(55、イスラム教徒)が付近に潜んでいた何者かに銃撃され死亡し、更に23:00頃に同じくサーイブリー郡内で、イスラム教徒の男性(52)が自宅前で何者かに銃撃され死亡した。

 また、ヤッラー県グロンピナン郡内では、7日6:30頃、治安当局者を狙って仕掛けたと見られる爆発物が住民により発見され回収処理が行われ、6日夜半にはバンナンサター郡内で、路上に仕掛けられていた爆発物が軍関係者の車列の通過にあわせ爆発し、軍関係者3人が軽傷を負った。

 同県ラーマン郡内では、7日昼前、警察のパトロール車に向け数発の銃弾が撃ち込まれたが、車内にいた2人の警察官は難を逃れた。

 更に、同県県都内では、8日8:00過ぎ、治安当局が分離主義組織RKKの関係者が潜伏していると見られる民家で強制家宅捜索を行い、県内数ヶ所で発生した爆破事件に関与した容疑で逮捕状が発行されている32歳の男を逮捕した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

ナラーティワート9郡27箇所で連続した不穏な動き、ヤッラーでは連続爆破により6人が負傷

 各報道によると、5日18:30過ぎから21:30過ぎにかけてナラーティワート県9郡内27箇所で、公衆電話や公共交通機関用の待合東屋等の公共物の放火や燃えたタイヤが路上に放置されるなどの不穏な動きが連続して発生し、また同県ウェーン郡内で発生した軍の臨時駐留地に向けた銃乱射で軍関係者1人が負傷した。

 治安当局側は、殆どの犯行が物的被害のみを狙っていることから、分離主義組織側がラマダン終了に先駆けて組織の存在と潜在力を誇示する目的で犯行に及んだとの見方を示した。

 また、同県ルゥーソ郡内では6日10:30頃、小型トラックに乗った人数不明のグループが、36歳の副村長が運転する6人乗りの小型トラックに向け銃を乱射し、副村長等3人が負傷した。副村長が運転していた小型トラックに乗車していた6人全員がイスラム教徒だった。

 一方、ヤッラー県ラーマン郡内では6日9:00前、ゴム農園内で発生した爆発現場の現場検証の為に治安当局者が現場近くに到着したところを見計らって再度の爆発が発生し、4人が負傷した。内1人は重傷だという。

 更に同日14:00過ぎ、同じくラーマン郡内の仏教徒所有のゴム農園内の地中に埋められていた爆発物が、オーナーの息子(29)が踏んづけたひょうしで爆発し、息子が片足を切断する重傷を負いオーナーが負傷した。息子は、これまでに2回にわたり何者かによる襲撃を受けていた。

 また、パッターニー県コークポー郡内では5日10:30過ぎ、市場前の駐車場内でバイクに仕掛けられていた爆発物が爆発し、13歳の少年を含む4人が軽傷を負った。負傷者は病院で治療を受けた後に帰宅が許されている。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

南部で連続爆破、ヤッラーでは妊娠9ヶ月の女性が重傷

 各報道によると、29日22:00過ぎ、ヤッラー県県都内中心部にある青果市場内で爆発が発生し、28歳の妊娠9ヶ月の女性が重傷を負った。

 ポストトゥデー紙によると、女性は搬送先の病院で帝王切開により男児を無事に出産したが、女性は依然集中治療室で治療を受けている状態だという。

 一方、ナラーティワート県ヂャネ郡内では30日8:30過ぎ、郡庁入り口前の検問所前で、郡庁付き自警団員を乗せた小型トラックから爆発が発生し、自警団員3人が負傷した。

 実行グループが事前に自警団員の自宅前に駐車してあった小型トラックの下に爆発物を仕掛けた上で、郡庁前に到着した頃を見計らって携帯電話を使用して起爆したものと見られている。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

南部で爆破・襲撃が相次ぐ、ナラーティワートでは2歳男児が死亡

 29日昼過ぎ、ナラーティワート県ランゲ郡内で、乗用車で移動中だった、国立公園局の森林保護員の男性一家に向けた銃乱射が発生し、男性の息子(2)が死亡し、男性(30)が重傷を負った。

 難を逃れた妻(25)によると、一家で車で移動していた際に、自分たちの車の前に回り込んできた小型トラック2台に分乗した人数不明のグループが銃を乱射してきたという。

 また、同県ルゥーソ郡内では29日2:00頃、警戒任務についていた村自警組織に所属する男性(41)が何者かに銃撃され死亡し、同県県都内では28日20:30過ぎ、ゴミ箱に仕掛けられていた爆発物の爆発を受け現場に駆けつけた警察官が、現場から約50-80メートル離れたカラオケ店前に駐車してあったバイクに仕掛けられていた爆発物を発見し、回収処理が行われた。

 一方、ヤッラー県県都内では29日昼過ぎ、バイクで路上を走行中だった、イスラム教大学に通う男性(25)が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡し、同県ラーマン郡内では28日14:00過ぎ、路上の警戒作業中だった治安当局を狙った爆発が発生し、軍関係者1人が軽傷を負った。

 また、パッターニー県パナーレ郡内では29日朝、乗用車で移動中だった、何れも50歳の夫婦がバイクに乗った2人組に銃撃され両者とも死亡した。

 同県内では夫婦を狙った銃撃が相次いでおり、27日にはコークポー郡内で、バイクに乗った夫婦が銃解され両者が死亡し、23日には同じくコークポー郡内で、建設現場に向かう途上だった夫婦が銃撃され両者とも重傷を負っていた。

posted by Jean T. at 00:06| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

ナラーティワートで軍を狙った爆破、軍関係者5人が負傷

 各報道によると、26日昼前、ナラーティワート県ヂョアイローン郡内で、軍関係者を狙った爆発が発生し、軍関係者5人が負傷した。

 調べによると、学校の警戒作業にあたっていた軍関係者を乗せ臨時駐屯地に向かっていた小型トラックの通過にあわせ爆発が発生した。

 爆発物は、携帯電話を使用した遠隔起爆式と見られ、またこの爆発に絡んで治安当局側は2人の男の身柄を確保し事情聴取を行っている。

 また、同県ルゥーソ郡内の山間部では26日未明、分離主義組織RKKの関係者が潜伏している疑いがある民家の摘発に乗り出した治安当局と民家周辺にいた人数不明のグループとの間で約10分間にわたる銃撃戦が発生したが、幸い当局側に人的な被害は無かった。

 グループ側は銃撃戦の混乱に紛れて姿を眩ました。

 一方、ヤッラー県ラーマン郡内では26日朝、バイクで路上を走行中だった自警団に所属するイスラム教徒の男性(43)が何者かに銃撃され死亡し、また同県県都内の市場内では26日朝、イスラム教徒の住民男性(53)が何者かに銃撃され重傷を負った。

posted by Jean T. at 03:11| バンコク ☔| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

ナラーティワートで駅舎に向け2発のM79、人的被害は無し

 各報道によると、17日21:50頃、ナラーティワート県ヂョアイローン郡内にあるタイ国鉄ブーギット駅の駅舎に向け2発のM79が連続して撃ち込まれたが、幸い人的な被害は無かった。

 調べによると、軍関係者が駅舎周辺の警戒作業中に、人数不明のグループが駅舎から約150メートル離れた路上から駅舎に向け2発のM79を連続して発射し、1発目は駅舎から約5メートル離れたプラットホーム上に、2発目は駅舎近くの軍の臨時駐屯地側にあるランプータン畑に着弾、爆発した。

 この一年の間に3回にわたり同駅及び隣接する軍の臨時駐屯地に向けたM79発射が発生していた。

 また、同県スンガイ・ゴーロック郡中心部では18日未明、カラオケ店前で食事中だった同店のマレーシア人オーナー男性(57)が銃撃を受け死亡した。一緒に食事中だったタイ人の妻(28)は難を逃れた。

 調べによると、カラオケ店前に止まった乗用車から出てきた男が,男性に向け銃弾3発を発砲した上で、車に飛び乗り逃走した。

 警察側は、事業を巡るトラブルが背景にあると見て、南部情勢絡みの犯行の可能性を含めて捜査を開始した。

 殺害された男性は、スンガイゴーロック郡内に20軒前後のカラオケ店を経営する大物投資家として知られていた。

 一方、パッターニー県メーラーン郡内では18日、バイクで路上を走行中だったイスラム教徒の男性が、何者かに銃撃され死亡した。

posted by Jean T. at 00:45| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

パッターニーのゴム園に仕掛けられた2発の爆発物により4人が死傷

 各報道によると、16日11:00過ぎ、パッターニー県ターントー郡のゴム農園内で爆発が発生し、作業中の女性(50)が死亡し、更に同日14:00過ぎに現場検証の為に現場を訪れた警察官3人(報道により2人)が別の爆発物の爆発により負傷した。

 負傷者の内1人(報道により2人)は片足を切断する重傷を負った。

 犯行に使用された2発の爆発物は地中に仕掛けられており、ワイヤーを足等で引っかけると起爆する仕掛になっていた。

posted by Jean T. at 01:24| バンコク ☔| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

パッターニーで治安部隊と分離主義組織との間で銃撃戦、組織員1人が死亡

 各報道によると、15日朝パッターニー県マーヨー郡内で、一斉摘発作業中の軍と警察の合同チームと分離主義組織関係者と見られる人数不明のグループとの間で断続的に銃撃戦が発生し、軍関係者1人が負傷し、グループ側の1人が死亡した。

 これまでの調べで、死亡した男に対して9通の逮捕状が発行されている事が確認されている。

 一方、ヤッラー県バンナンサター郡内では、村はずれのゴム農園に作業に向かう途上にあったイスラム教徒の男性(48)が何者かに銃撃され死亡した。
 
 男性は、村自警組織に所属していた。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

ヤッラーで軍用車両を狙った爆破で3人が死亡 - ルゥーソの爆破に絡んで兄弟を逮捕

 各報道によると、2日13:00過ぎ、ヤッラー県ヤッハー郡内の路上で、路上の警戒作業中だった軍関係者を乗せた車両の通過にあわせた爆発が発生し、軍関係者3人が死亡した。

 調べによると、軍関係者4人を乗せた車両及び1人が運転するバイクが現場付近を通過した際に爆発が発生した。爆発物は15Kg重量のガスボンベ爆弾が使用されたと見られている。

 一方、プーヂャッカーン紙によると、1日にナラーティワート県ルゥーソ郡内で軍関係者等を乗せた車両を狙った爆破、銃乱射により5人が死亡した事件に絡んで、治安当局は2日朝、戒厳令施行規則に則り、分離主義組織RKKのメンバーが潜伏していると見られる付近一帯で一斉家宅捜索を行い、2人の兄弟を事件に関与した容疑で身柄を確保した。

 兄弟は事件への関与を否定しているという。

 また、この一斉家宅捜索で、爆発物50発や大型の爆竹100発、ライフル1挺等が押収されている。

posted by Jean T. at 01:17| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

ナラーティワートで軍車両を狙った爆破及び銃撃戦で5人が死亡

 各報道によると、1日18:30過ぎ、ナラーティワート県ルゥーソ郡内の路上で軍を狙った爆発及び銃撃戦が発生し、レンジャー部隊員等5人が死亡した。

 調べによると、翌日に予定されていた集中摘発に向けた情報収集の為に移動中だったレンジャー部隊員3人、自警団員2人(報道により1人)及び村長を乗せた車の通過にあわせ、路上脇の林に潜んでいた人数不明のグループが路上に仕掛けておいた爆発物を起爆すると共にレンジャー部隊員等に向け銃弾を乱射し、銃撃戦を展開した後に逃走し、この爆破及び銃撃戦により、レンジャー部隊員3人、自警団員1人及び村長が死亡した。

 爆発物は、ケーブルを使用した遠隔起爆式の消火器爆弾が使用されたと見られている。

 事件の発生を受け治安当局側は要所の警戒を強化すると共に約30人の戦力を動員して実行グループの行方を追っている。

posted by Jean T. at 01:34| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

ヤッラー、パッターニーで飲食店やカラオケ店を狙った連続爆破で20人以上が死傷

 各報道によると、12日19:30頃から20:30頃にかけてヤッラー県とパッターニー県内で3回にわたる連続爆破が発生し、20人以上が死傷した。

 ヤッラー県県都内では12日19:30頃にバイクに乗った2人組が焼き肉店向け爆発物を投げ込み、更に5分後にはバイクに乗った2人組がお粥店に向け爆発物を投げこみ、2箇所で発生した爆発により地元行政庁の自警団に所属する男性(35)が死亡し、20人以上が負傷した。

 また、パッターニー県コークポー郡内では、バイクに乗った2人組がカラオケ店に向けM67を投げ込み、オーナーの娘婿(39)が負傷した。

 当時、店内には開店直後という事もあり客は1人もいなかった。

 一方、ヤッラー県ラーマン郡内では12日16:00頃、車を運転中だった村長(54)がバイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。村長はヤッラー県の県知事と親しい関係にあった。

 また、ナラーティワート県ランゲ郡内では12日16:30頃、バイクで路上を走行中だったイスラム教徒の男性(29)が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。男性は村自警組織に所属していた。

posted by Jean T. at 00:54| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。