2010年05月26日

ヤッラーでバイク爆弾を使用した連続爆破、2人が死亡し30人前後が負傷

 各報道によると、26日10:00過ぎ、ヤッラー県県都内中心部にある自動車ショールーム前等2箇所で連続して爆発が発生し、昼過ぎ現在2人が死亡し30人以上が負傷した。

 最初の爆発は自動車ショールーム前で10:10頃に発生し、更に治安当局や救助関係者等が現場で作業にあたっていた10:25頃に、最初の現場から約150から200メートル離れた写真店前で2回目の爆発が発生した。

 何れもバイク爆弾が犯行に使用されたと見られている。

 警察側は、実行グループが最初の爆破により治安当局関係者を現場におびき寄せた上で、2回目の爆破を引き起こしたとの見方を示した。

posted by Jean T. at 16:03| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

パッターニーで教師が射殺、実行グループの内の1人は逃走中に電柱に激突し死亡

 各報道によると、7日17:00前、パッターニー県ヤッラン郡内の路上で、帰宅の為に小型トラックを運転中だった学校教師の男性(45)が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。

 事件後2人組が逃走を図った際に、運転操作ミスによりバイクが路上脇の電柱(報道により立木)に激突し、バイクを運転していた身元不明の男が死亡した。後部座席に乗っていた男は、現場周辺の混乱に紛れて逃走した。

 警察側は、分離主義組織関係者が新学期開始前に教師の安全に対する不安を煽る目的で犯行に及んだと見て捜査を開始した。

 また、同県ノーンヂック郡内では7日夜、県都内の運動場で運動を終え、ノーンヂック郡内にある治安部隊の臨時駐屯地にバイクで戻る途上にあった二等巡査(28)が、バイクに乗った2人組に銃撃され重傷を負った。

posted by Jean T. at 01:19| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

ナラーティワートの軍駐屯地に向け2発のM79、人的被害は無し

 各報道によると、3日0:30過ぎ、ナラーティワート県ランゲ郡内にある学校内に設置された軍の臨時駐屯地に向け2発のM79が連続して撃ち込まれ、それぞれ校舎前の路上及び学校の塀裏の池前に着弾・爆発し校舎の一部等に被害をもたらしたが、幸い人的な被害は無かった。

 現場から約200m離れたゴム農園内からM79が発射されたと見られている。

 一方、ヤッラー県県都内ラムヤイ地区内では2日7:30過ぎ、バイクで路上を走行中だったイスラム教徒の男性(30)が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。

 死亡した男性は、県都内の自動車整備工場で整備士として働く傍らで地方紙ハートヤイ・ジャーナルの記者として活動しいたとされ、また男性が記者として分離主義組織関連の何らかの情報を掴んでいたとの証言があることから、警察側は、口封じ目的の犯行の可能性もあると見て、個人的な係争の線も含めて捜査を行っている事を明らかにした。

 また、県都内中心部では3日朝、小型トラックを運転中だったサテーンノーク地区内の村長(47)が、交差点で信号待ち中にバイクに乗った2人組に銃撃され病院への搬送中に死亡した。

 死亡した村長は、最近村長に就任したばかりで、セールス担当として勤務している自動車販売店に向かう途上で事件に巻き込まれた。

posted by Jean T. at 16:02| バンコク ☔| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

パッターニーの警察署を狙った瑠弾、自動車爆弾を使用した連続爆破、50人前後が死傷

 各報道によると、パッターニー県県都内で、21日8:00過ぎから10:30頃までにかけて連続して県都警察署を狙ったと見られる爆破事件が発生し、警察官2人が死亡(報道により1人)し、50人前後が負傷した。

 最初の爆発は21日8:00過ぎ、県都警察署の敷地内で国旗掲揚・国家斉唱を終え、署長の訓辞が行われていた最中に発生し、警察官2人が死亡し、40人前後が負傷した。

 バイクに乗った2人組が、国家斉唱を終え署長の訓辞を聞いていた署に所属する警察官約100人に向けM67(報道によりM79)を投げ込んだと見られている。

 更に、同日10:30頃、県都警察署の駐車場近くに駐車してあった乗用車から爆発が発生し、住民等10人前後(報道により5人前後)が負傷した。

 先だって発生した爆破事件の現場検証中だった当局者を狙って爆破させたと見られ、この爆発の衝撃で10台以上の車や付近にある複数の店舗が被害を受けている。

 警察は、何れも同一の分離主義組織に通じるグループによる犯行と見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 15:33| バンコク ☀| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

ヤッラーで警察車両を狙った爆破、郡警察署長が死亡

 各報道によると、12日昼過ぎヤッラー県バンナンサター郡内で、人数不明の一味が警察車両を狙って爆発物を起爆すると共に銃を乱射し、同郡警察署長のソムティヤン・エーカソムヤー警察大佐が搬送先の病院で死亡し、警察中尉クラスを含む同乗していた警察官3人が重傷を負った。

 警察は、地元に拠点を置く分離主義組織関係者の犯行と見て捜査を開始した。

 死亡したソムティヤン警察大佐は、退官前の最後の1年間を故郷の警察署で奉職したいとして異動を希望し、内示を受けていたが、昨年10月に行われた定例人事異動で内示が反故にされたとして公正な措置を要求する書面を首相宛に提出し話題になっていた。

posted by Jean T. at 20:22| バンコク | 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

ナラーティワート県4郡内で合計8発の爆発物が仕掛けられ内5発が爆発、2人が負傷

 2日朝、ナラーティワート県の県都(ムァン郡)を含む4郡内で、銀行のATM機を中心に狙って仕掛けられた合計8発の爆発物の内5発が連続して爆発し、住民2人が負傷した。

 県都内中心部では、政府貯蓄銀行のATM機正面や約20メートル離れた美容室前に仕掛けられていた爆発物が連続して爆発し、更にクルンタイ銀行のATM機正面で発生した爆発では、付近にいた46歳の女性が負傷した。

 また、ランゲ郡タンヨンマス地区内では、政府貯蓄銀行のATM機正面に仕掛けられていた爆発物が爆発し、付近にいた26歳の男性が負傷し、更にクルンタイ銀行では、ATM機正面に仕掛けられていた爆発物が発見され回収処理が行われた。

 更に、スンガイ・ゴーロック郡内にある農業・協同組合銀行及びバンコク銀行それぞれのATM機正面で爆発物が仕掛けられているのが発見され回収処理が行われた。

 一方、バーヂョ郡内では、路上に仕掛られていた爆発物が教師警護班を乗せた車両の通過にあわせて爆発したが幸い人的な被害は無かった。

posted by Jean T. at 17:41| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

銃撃戦の末に分離主義組織首領の右腕を逮捕、ナラーティワートで

 各報道によると、軍と警察の合同部隊は22日、ナラーティワート県ヂョアイローン郡内で行われた強制家宅捜索の際に新興分離主義組織RKK首領のマセー・ウセン容疑者の右腕と目される45歳の男の身柄を確保した。

 今回行われた強制家宅捜索は、分離主義組織の構成員と見られる8人組が民家内に潜伏しているとの住民からの通報に基づき行われたもので、民家内に潜伏していた8人組との間で数分間に渡る銃撃戦の末に男の身柄を確保した。尚、残りの7人は銃撃戦の際にすきを見て逃走した。

 身柄を確保された男は、RKK首領のマセー容疑者の代理人として破壊活動の計画立案や実行の命令、組織員に対する教練に関与していたとされ、これまでにナラーティワート県の各郡内で発生した不穏な動きに関与した容疑で逮捕状が発行されていた。また、分離主義思想を信奉する若者達の間では精神的な支柱だったという。

 男は取り調べに対して、親戚に会うためにマレーシアから密帰国した事のみを認め、その他の分離主義組織との関係や逃走した7人の詳細等に関しては供述を拒んでいるという。

* 身柄を確保された男
http://www.thairath.co.th/media/content/2010/01/22/630/60493.jpg

posted by Jean T. at 16:21| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

パッターニー及びヤラーで連続してバイク爆弾が爆発、12人前後が負傷

 13日8:00過ぎ、パッターニー県県都内中心部にある茶店前で爆発が発生し、住民等6人前後が負傷した。

 茶店前に駐車してあったバイクに仕掛けてあった携帯電話を使用した遠隔起爆式の爆発物が犯行に使用されたと見られ、また、事件が発生した茶店前では2005年(報道によっては6ヶ月前)にもバイクに仕掛けられた爆発物が爆発し複数の死傷者を出していた。

 爆発発生の約10分前に20歳くらいの男が爆発が発生したバイクを駐車させ現場から立ち去っていくのが目撃されていた。

 また、ほぼ同時刻にヤッラー県県都内中心部にある市場前で、駐車してあったバイクから爆発が発生し、軍関係者3人、住民3人が負傷した。

 周辺地域の警戒の為に常駐している軍関係者を狙ったものと見られている。

 同じく県都内では12日朝、小型トラックで移動中だったゴム仲買人の47歳と30歳の男性が、乗用車に乗った2人以上と見られるグループに銃撃され重傷を負った。

posted by Jean T. at 17:09| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

ナラーティワートの子供の日イベント会場で爆発物所持の男を逮捕

 9日朝、ナラーティワート県県都内中心部の競技場で開催されていた子供の日イベントの警戒に当たっていた軍当局は、ポケットの中に手投げ弾を隠し持っていた男を逮捕し基地に連行した。

 連行されたのは陸軍に所属する24歳のイスラム教徒の男で、逮捕された当時迷彩色の帽子をかぶり私服姿で会場内に入ろうとしていた。

 一方、南部国境三県域と国境を接するマレーシアのクランタン州のコタバル地区裁判所は9日、銃弾や爆発物を所持していた容疑で逮捕された3人のタイ人に対して、それぞれ10ヶ月の禁固及び3回の鞭打ちを命じる判決を下した。

 3人は何れも昨年12月初旬に潜伏先の民家内に爆発物や製造用の材料、銃弾等を隠匿していた容疑で摘発されており、南部国境三県域で発生している一連の不穏な動きとの関係が取りざたされていた。

posted by Jean T. at 00:26| バンコク ☀| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

ヤッラーで首相一行を"歓迎"する爆破、警官3人が負傷

 7日8:00過ぎ、ヤッラー県県都内ターサープ地区内の路上で、首相一行を出迎えるために警戒中だった当局者を狙った爆発が発生し、警察官3人(報道により1人)が負傷した。

 現場は、首相出席のもとで行われる道路の開通式典会場から約150メートル(報道により約200メートル)離れた地点で、犯行に使用された爆発物は、前夜の内に道路脇にある乗り合いバス待ち用の東屋裏に仕掛けられていたものと見られている。

 更に、同日9;30過ぎには、県都内リドン地区内の学校前で、軍の教師警護班を狙った爆発が発生し、自警レンジャー部隊員の男性が死亡した。

 また、ほぼ同時刻にパッターニー県ノーンヂック郡内で、路上の安全確認作業中だった軍関係者を狙った爆発が発生し、軍関係者1人が負傷した。

posted by Jean T. at 01:14| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

南部情勢絡みで逮捕された重要容疑者、新聞記者補佐殺害への関与を認める

 各報道によると、ソンクラー県4郡内で発生した一連の不穏な動きに関与した容疑で5日に逮捕された、分離主義組織の主要な地域幹部と目される27歳の男が、これまでの取り調べで2004年7月13日にソンクラー県ヂャネ郡内で発生した63歳のデイリーニュース紙の記者補佐の男性の殺害への関与を認める供述を行っている事が明らかになった。

 逮捕された男は、5日早朝に親戚のもとへ新年の挨拶の為に向かっていたナラーティワート県タークバイ郡内の検問所で身柄を確保されていたもので、これまでの調べで、2007年からソンクラー県4郡内で発生し11人が死亡した15件の襲撃、爆破を初めとする一連の不穏な動きに幹部として関わっていたとして逮捕状が発行されていた。

 一方、ナラーティワート県バーヂョ郡内では4日20:00頃、4-5人と見られるグループが、50歳の元村長宅前に駐車してあった車のタイヤに火を放ち、屋内にいた村長を外におびき出した上で、村長に向け銃弾を乱射し、村長が死亡するという事件が発生した。

posted by Jean T. at 01:05| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

南部情勢激化6周年、ナラー2箇所で連続爆破により住民2人が負傷

 南部国境三県域の情勢再激化のきっかけとなった武器庫襲撃・強奪及び学校連続放火がナラーティワート県内で発生してから6年目となる4日、ナラーティワート県内2郡内で軍関係者を狙った連続爆破が発生し、たまたま近くを通りかかった住民2人が負傷を負った。

 最初の爆発はヂョアイローン郡内で4日朝に路上の安全確認作業中だった軍関係車両の通過にあわせ発生し、次いでほぼ同時刻にタークバイ郡内で路上の安全確認の為にバイク2台に分乗して走行中だった軍関係者4人を狙って爆発が発生し、タークバイ郡内の爆発により、たまたま近くをバイクで通りかかった住民2人が負傷した。

 また、同県県都内では、学校の学生寮が放火されベッド等が焼損した。

posted by Jean T. at 15:30| バンコク 🌁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

パッターニーで軍を狙った爆破で5人が死傷、ナラーでは線路上に爆発物

 30日8:30頃、パッターニー県パナーレ郡内で、教師の警護作業中だった軍関係車両の通過にあわせ爆発が発生し、自警レンジャー部隊員2人が死亡し、3人が重傷を負った。

 また、同県マイゲーン郡内では30日15:30頃、バイクで現れた人数不明の一味が、茶店内で知人等と飲食中だった49歳の副村長に向け銃を発砲し、副村長が死亡した。

 更に、同県ヤッラン郡内では30日16:30頃、バイクに乗った2人組が市場付近を走行中だった45歳のガムナンが運転する車に向け銃を発砲し、ガムナンが死亡し、付近にいた住民2人が流れ弾により重傷を負った。

 一方、ナラーティワート県ランゲ郡内では、教師の出勤路の安全確認作業中だった当局関係者(報道により副村長)が線路上に爆発物が仕掛けられているのを発見し、回収処理が行われた。

 回収された爆発物は、携帯電話による遠隔起爆式のもので、列車の通過にあわせて爆発させる目的で仕掛けられたものと見られている。

posted by Jean T. at 00:27| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

南部の分離主義組織がバンコクで破壊活動を計画?

 ターウォン副内務大臣は30日、マレーシア国内のメディアが、南部国境三県域に於ける一連の不穏な動きに関与していると見られる新興の分離主義組織RKKのメンバー70人が、バンコクをターゲットにした年末年始期間中の破壊活動に備える為にタへの密入国の準備を進めていると報じている事に関して、事実関係は確認できていないと断った上で、念の為の措置として既に関係当局に対してマレーシアとの国境線周辺地区の監視・検問を強化するよう指示した事を明らかにした。

 ターウォン内務大臣によると、現時点ではRKK側に不穏な動きは見られていないという。

posted by Jean T. at 16:57| バンコク ☔| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

分離主義組織発砲の銃弾が標的を外れ4歳の女児が死亡、パッターニーで

 21日17:00過ぎ頃、パッターニー県県都内で分離主義組織関係者と見られる乗用車に乗った人数不明の一味が、路上を走行中だった車に向け乱射した銃弾が標的を外れ、路上脇の民家内で寝ていた4歳の女児に命中し即死させるという事件が発生した。

 一方、ヤッラー県バンナンサター郡内では21日午後、路上の警戒作業中だった警察関係車両を狙った爆発が発生したが、幸い人的な被害は無かった。

 同郡内では21日朝、人数不明の一味がバイク3台に分乗して研修に参加した若者グループの護衛作業中だった軍関係者6人を狙って銃を乱射すると共に、軍関係者が乗っていたバイクが転倒するのにあわせて爆発物を起爆し、軍関係者6人が負傷し、更に20日0:00過ぎには、警戒作業中だった警察関係車両を狙った爆発が発生し、警察官2人が負傷した。

posted by Jean T. at 00:18| バンコク ☀| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

パッターニーを初めとする南部三県で爆破、銃撃が相次ぐ

 17日12:00過ぎ、パッターニー県県都内にある食堂前で爆発が発生し、自警レンジャー部隊員を含む13人前後が負傷し病院に搬送された。

 爆発物は食堂前に置かれていた鉢植えに仕掛けられていた携帯電話を使用した遠隔起爆式の物が使用されたと見られている。

 また、同県ヤッラン郡内では17日朝、軍関係車両の通過にあわせ爆発物が爆発し、軍関係者5人が負傷を負った。

 前後して、同じくヤッラン郡内で、郡庁付きの自警要員の28歳の男性が、バイクで路上を走行中に何者かに銃撃され死亡した。

 一方、ナラーティワート県スンガイパーディー郡内では17日朝、路上脇に仕掛けられていた爆発物が軍関係車両の通過にあわせて爆発したが、幸い人的な被害は無かった。

 この爆発に絡んで、身体から爆発物成分が検出された近くのゴム農園内で作業中だったイスラム教徒の男(59)の身柄が確保されている。

 また、ヤッラー県ラーマン郡内では17日未明、副村長宅に押し入った所属組織不明の8人組が、屋内に向け銃を乱射し、副村長(44)と2歳の娘を殺害した上で副村長所有のカービン銃を盗み逃走した。

posted by Jean T. at 00:13| バンコク ☀| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

ヤッラーで分離主義組織と銃撃戦、組織員1人が死亡

 各報道によると、16日昼過ぎヤッラー県バンナンサター郡内で、強制家宅捜索の為に民家の包囲に乗り出した軍・警察の合同チームと人数不明の一味との間で約10分間に渡る銃撃戦が展開され、この銃撃戦により23歳の男が死亡し、3人の身柄が確保された。

 今回行われた家宅捜索は、逮捕状が発行されている分離主義組織に所属すると見られる死亡した男を初めとした5人前後の集団が年末年始期間中の破壊活動実行に向けた準備の為に民家に潜伏しているとの情報に基づき行われたもの。

 また、先立つ15日14:00過ぎには同県県都内で、武装した不審な集団が村内に潜伏しているとの通報を受け一斉捜索に乗り出した軍・警察の合同チームと5人以上と見られる一味との間で約15分間に渡る銃撃戦が展開され、この銃撃戦により一味側に属する27歳と23歳の男が死亡するという事件が発生していた。

posted by Jean T. at 00:53| バンコク ☀| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

マレーシアの警察、爆発物製造容疑でタイ人の男3人を逮捕

 各メディアが15日付けのマレーシアの有力新聞の報道として、同国の警察当局が爆発物製造の容疑でタイ人の男3人を14日に逮捕したと報じた。

 逮捕された3人は、ナラーティワート県スンガイゴーロック郡と国境を接するマレーシアのクランタン州内で約1年前に家を借り、日中は漁業に就く傍らで爆発物を製造していたとされ、マレーシアの警察側は、3人組がクランタン州内に拠点を置いているタイ南部国境三県域内に於ける一連の不穏な動きに関与している組織のメンバーで、製造した爆発物をタイ国内の組織に供給していたと見て捜査を行っているという。

posted by Jean T. at 00:38| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

ナラーティワートで食堂に向けた銃撃、爆破で13人が死傷

 各報道によると、9日18:45頃ナラーティワート県スンガイパーディー郡内中心部で、バイクに乗った2人組がが食堂に向け銃を発砲し、警察官を現場におびき寄せた上で、現場付近に駐車しておいたバイクに仕掛けておいた爆発物を爆発させ、警察官や住民13人前後が負傷を負い病院に搬送され、内3人が10日昼前までに死亡した。

 バイクに仕掛けられていた爆発物は、携帯電話を使用した遠隔起爆式のものが使用されたと見られている。

 警察側は、南部国境三県域内に於ける一連の不穏な動きに関与している組織のメンバーによる犯行と見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 16:11| バンコク ☀| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

ヤッラーの県都内3箇所で4回に渡る連続爆破、10人前後が負傷し1人が行方不明

 9日10:00頃、ヤッラー県県都内中心部3箇所で4回に渡って爆発が連続して発生し、当局関係者10人前後が負傷を負い、1人が行方不明になった。

 報道によっては1人が死亡したと報じるものもある。

 各報道によると、最初に当局側が街灯用の太陽電池パネル下付近に仕掛けられていた通信機による遠隔起爆式の爆発物の処理作業中に爆発が発生し軍関係者3-5人が負傷を負い、その後現場検証に向かっていた当局関係車両の通過にあわせて爆発が発生したが幸い人的な被害は無かった。

 更に、ほぼ同時刻にパッターニー川沿いの道路脇にある東屋付近で発見された爆発物が、当局側が回収処理を行っている最中に爆発が発生し3人が負傷を負い、その後警察側が現場に向かい検証作業に着手したところで、最初の爆発が発生した地点から約5メートル離れた場所に仕掛けられていた爆発物が爆発し警察官5-8人が負傷を負い、警察官1人が行方不明になった。

 警察側は、行方不明になった警察官が、爆発の衝撃で現場脇を流れるパッターニー川に投げ飛ばされたと見て捜索を行っている。

posted by Jean T. at 15:57| バンコク 🌁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。