2009年08月23日

ヤッラーで自警組織員等を狙った爆破で7人が死傷

 22日13:00過ぎ、ヤッラー県ヤッハー郡内で、路上に切り倒された立木が放置されているとの嘘の通報によりおびき寄せられた郡次官や郡付きの自警組織員等を乗せた車列の通過に会わせて爆発物が爆発し、自警組織員3人が死亡し、次官を含む4人が負傷を負った。

 更に、先立つ同日昼前同郡内で、第47レンジャー部隊の指揮官等を乗せた車列の通過に会わせ爆発物が爆発し、レンジャー部隊員2人が負傷を負った。

 また、同県県都内では21日未明、人数不明の一味が学校内に設置されたレンジャー部隊の臨時駐留地に向け銃を乱射したが、幸い人的な被害は無かった。

 一方、ナラーティワート県ランゲ郡内では22日8:00過ぎ、ゴム農園に作業に向かうために妻子を乗せバイクで路上を走行中だった31歳のイスラム教徒の男性が、小型トラックに乗った人数不明の一味に銃撃され死亡した。後部座席に乗っていた妻及び2人の子供は難を逃れた。

 また、同県シーサコン郡内では21日9:00過ぎ、路上の警戒作業に当たっていた軍関係者と人数不明の一味との間で銃撃戦が発生し、軍関係者2人が重傷を負った。
 
 更に、バーヂョ郡内では21日朝、高圧電線用の鉄塔下に仕掛けられていた爆発物が爆発したが、幸い送電には影響は無かった。

 パッターニー県ヤッラン郡内では22日昼前、任務を終えバイクで帰宅途上にあった警察官が、バイクに乗った2人組に銃撃され重傷を負った。

 また、同県ノーンヂック郡内では22日6:30前、出勤の為に妻を後部座席に乗せバイクで路上を走行中だったセメント会社職員の男性(55)が、バイクに乗った2人組に銃撃され男性が重傷を負い妻が軽傷を負った。

 更に、同県サーイブリー郡内では21日未明、ガムナン・村長親睦会会長の男性が礼拝の為にモスクに入ろうとしたところで、付近に潜んでいた人数不明の一味に銃撃され死亡し、また、同県コークポー郡内では20日午後、バイク修理店を経営する仏教徒の男性(49)が、店内でバイクの修理作業中に修理を依頼に来た客を装った男に銃撃され死亡した。

posted by Jean T. at 00:06| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

パッターニーでミャンマー人作業員に向けた銃乱射で5人が死傷

 18日午後、パッターニー県県都内で、バイク2台に分乗した4人組がタムボン行政機構庁舎の建設作業に従事していた建設作業員に向け銃を乱射し、ミャンマー人建設作業員の男性1人が死亡し、4人(報道により3人)が重傷を負った。

 ヤッラー県県都内では19日朝、44歳のイスラム教徒の男性が自宅前に潜んでいた人数不明の一味に銃撃され死亡した。

 また、同県バンナンサター郡内では19日昼過ぎ、人数不明の一味がラマダンの記念品配布に向かう途上にあった郡次官等を載せた車列を狙って爆発物を爆発させると共に銃を乱射し、銃撃戦を展開した後に逃走したが、幸い人的な被害は無かった。

 ナラーティワート県スンガイパーディー郡内では19日11:00前、小型トラックに乗った3人と見られる一味が茶店店内に向け銃を乱射し、店内で飲食中だった2人が負傷を負った。

 また、同県県都内では19日夕方、市場内で買い物中だったレンジャー部隊員が買い物客に紛れていた何者かに銃撃され死亡した。

 同県ルゥーソ郡内では18日朝、副村長宅が放火され副村長宅と隣接するイスラム教教師宅が全焼したが、幸い人的な被害は無かった。

posted by Jean T. at 00:09| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

ナラーティワートで住民同士による銃撃戦で3人が死亡

 16日20:00過ぎ、ナラーティワート県ルゥーソ郡内で、路上脇に潜んでいた元地元行政機構評議会議員の男性(46)を中心にした武装した5人組がバイクで見回り中だった村長(34)と村自警組織員(41)に向け銃を乱射した事をきっかけに両者間で約5分間に渡る銃撃戦が展開され、何れもイスラム教徒の元評議会議員、村長及び自警組織員の3人が死亡するという事件が発生した。

 警察側は、元評議会議員が分離主義組織に関与していた可能性を含めて南部情勢及び個人的な係争の両面で捜査を開始した。

 一方、パッターニー県ノーンヂック郡内では17日早朝、托鉢僧の警護作業中だった村自警組織に所属する53歳の男性が、バイクに乗った2人組に銃撃され重傷を負った。尚、報道によっては男性は治安担当の副村長だったとするものもある。

 また、同県ヤッラン郡内では17日昼過ぎ、バイクの2人乗りで路上を走行中だった32歳と24歳のイスラム教徒の男女が、バイクに乗った2人組に銃撃され重傷を負い、同県ヤッリン郡内では17日早朝、イスラム教徒の元村長の男性が何者かに銃撃され死亡した。

 更に、同県県都内では17日18:00前、バイクで路上を走行中だった48歳の地元行政機構評議会議長の男性が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。

 ヤッラー県ターントー郡内では17日7:30過ぎ、仏教徒の集落にあるゴム農園内で作業中だった仏教徒の男性が、何者かにのど元を刺され死亡した。

posted by Jean T. at 00:08| バンコク ☔| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

スパンで麻薬密売人との間で1時間に渡る銃撃戦、密売人が射殺

 マティチョン紙(オンライン)及びINNによると、12日未明スパンブリー県県都内で囮捜査中だった麻薬捜査官と36歳の麻薬密売人の男との間で発生した約1時間に渡る銃撃戦により男が射殺されるという事件が発生した。

 銃撃戦後の捜索で、男が乗っていた車の中からヤーバーや現金2万バーツ、11口径と38口径の拳銃それぞれ1挺が発見押収されている。

posted by Jean T. at 11:50| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

2004年1月4日から今年7月までに南部で教師94人を含む3,131人が死亡

 南部国境地区警察指令本部は7日、南部国境三県域内の情勢激化のきっかけとなった武器庫襲撃・学校連続放火事件が発生した2004年1月4日から今年7月迄に、一連の不穏な動きにより教師94人及び仏教僧7人を含む合計3,131人が死亡した事を明らかにした。

 また、当該期間中に5,162件の銃撃、1,612件の爆破、1,403件の放火の計9,947件の事件が発生し、教師98人及び仏教僧15人を含む合計4,414人が負傷を負った。
posted by Jean T. at 19:25| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

ナラーでイスラム教徒の女性が自宅内で射殺、助けに向かった民兵2人も殺害

 4日深夜、ナラーティワート県バーヂョ郡内で、41歳のイスラム教徒の女性が民家の浴室付近で何者かに射殺され、更に銃声を聞いた付近に住む村自警組織に所属する何れもイスラム教徒の37歳と26歳の男性が女性宅に向かう途上で同一犯と思われる者に射殺されるという事件が発生した。

 更に同郡内では5日夕方、測量作業を終えたパッターニー県の土地事務所に所属する職員男性2人が、突然現れた4人組に銃撃され死亡した。

 ヤッラー県ヤッハー郡内では5日午後、バイクで路上を走行中だったイスラム教徒の病院臨時職員男性(33)が、小型トラックに乗った人数不明の一味に銃撃され重傷を負った。

 同郡内では、この事件に先立つ4日20:30過ぎ、50歳の村自警組織に所属するイスラム教徒の男性が自宅前で何者かに銃撃され死亡するという事件が発生していた。

 また、同県バンナンサター郡内では4日9:00前、教師の通勤路の安全確認作業中だった国境警備警察と武装した人数不明の一味との間で約10分間に渡る銃撃戦が発生し、警察官1人が重傷を負った。

 一方、パッターニー県ガポー郡内では5日16:00前、バイクで路上を走行中だった52歳の仏教徒の男性が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。
posted by Jean T. at 01:10| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

ナラーで教師警護班と偽レンジャー部隊との間で銃撃戦、両者側に死亡者

 3日夕方前、ナラーティワート県インゴー郡内で、路上の警戒作業を装ったレンジャー部隊員風の制服を着込んだ10人前後の集団が、教師の警護作業に向かう途上にあった軍関係者に向け銃を乱射した事をきっかけに両者間で約15分間に渡る銃撃戦が展開され、教師警護班に所属する兵卒1人及び一味側1人の計2人が死亡し、軍関係者5人前後が重傷を負った。

 同県スンガイパーディー郡内では1日朝、郡内のタンボン行政機構庁舎の建設現場に向かう途上にあったイスラム教徒の建築技師の男性(25)が、何者かに銃撃され死亡した。

 パッターニー県ノーンヂック郡内では2日8:00前、バイクで路上を走行中だったゴム加工工場警備員の仏教徒の男性(29)が何者かに銃撃され死亡した。

 また、同県トゥンヤーンデーン郡内では2日午前、ゴム農園内での作業を終えバイクで帰宅の途上にあった19歳のイスラム教徒の男性が何者かに銃撃され重傷を負った。

 更に、同県ヤッラン郡内では1日11:30前、小型トラックで路上を走行中だった仏教徒の青果仲買業夫妻が、バイクに乗った2人組に銃撃され、夫(52)が死亡し妻(62)が重傷を負った。

 ヤッラー県ヤッハー郡内では1日午後、ラオス人の建設作業員男性(60)が民家の建設作業現場でバイクに乗った2人組に銃撃され重傷を負った。
posted by Jean T. at 00:02| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

夫婦射殺によるおびき寄せ爆破で警官等5人が負傷、パッターニーで

 28日5:00過ぎ、パッターニー県コークポー郡内で、人数不明の一味がゴム農園内で作業中だった仏教徒の夫婦を射殺し当局関係者を現場におびき寄せた上で、あらかじめ仕掛けておいた爆発物を爆発させ、警察官及び住民5人が負傷を負った。

 爆発物は射殺された妻の遺体の下に仕掛けられており、警察官が搬送の為に遺体を持ち上げたところで爆発した。

 また、同県ノーンヂック郡内では28日17:00過ぎ、バイクで路上を走行中だった建設業の男性(47)が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。

 一方、ヤッラー県ヤッハー郡内では28日19:00過ぎ、35歳のイスラム教徒の男性が自宅に押し入った何者かに銃撃され死亡した。

 また、ナラーティワート県ヂャネ郡内では、学校近くの三叉路に仕掛けられていた爆発物が警戒作業中だった軍関係車両の通過にあわせ爆発し、軍関係者6人が負傷を負った。
posted by Jean T. at 00:01| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

パッターニーの結婚式会場で発砲、新郎の父親が死亡

 27日18:00過ぎ、パッターニー県マーヨー郡内で、イスラム教式で執り行われていた結婚式の会場となっていた民家前で参列者を出迎えていた家主でもある新郎の父親(59)が、参列者に混じって近づいてきた男に拳銃で射殺されるという事件が発生した。

 事件後男は会場近くに待たせておいたバイクの後部座席に飛び乗り逃走した。

 警察側は、周囲500メートルを封鎖し実行犯を負うと共に、個人的係争及び南部情勢の何れかが事件の背景にあると見て捜査を開始した。

 また、同県県都内中心部では27日20:00過ぎ、カラオケ店前に駐車してあったバイクに仕掛けてあった爆発物が爆発したが、幸い人的な被害は無かった。
posted by Jean T. at 00:44| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

パッターニーで銃撃戦、分離主義組織関係者・当局関係者2人が死亡

 26日17:00過ぎ、パッターニー県コークポー郡内で一斉摘発作業に乗り出そうとした当局側と3人と見られる一味との間で約15分間に渡る銃撃戦が発生し、一味側1人、軍関係者1人が死亡し、一味側2人の身柄が確保された。

 当局側が分離主義組織関係者が潜伏しているとの情報に基づき一斉摘発に乗り出そうとした際に、モスクから民家に逃げ込んだ3人組の男が民家を包囲した当局関係者に向け銃を乱射したことから銃撃戦となった。

 銃撃戦で死亡した男は、分離主義組織の構成員と見られ、ノーンヂック郡やコークポー郡内で爆破を初めとする一連の不穏な動きに関与した容疑で逮捕され、その後釈放されていた。

 同県パナーレ郡内では27日朝、茶店での飲食を終え帰宅の為に村道をバイクで走行中だった50歳のイスラム教徒の男性が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。尚、報道によっては男性は年齢は60歳で、バイクに乗った2人組に銃撃され重傷を負ったと報じるものもある。

 また、同県マイゲーン郡内では24日未明、人数不明の一味が多目的ビルに放火し警察官をおびき寄せた上で、現場検証を終えた警察官が署に戻るところを見計らって路上に仕掛けておいた爆発物を爆発させ、警察官4人が負傷を負った。尚、報道によってはパトロール中だった警察官を狙って爆発物を爆発させたと報じるものもある。

 ナラーティワート県ランゲ郡内では25日朝、25歳のイスラム教徒の男性の射殺体が路上で発見された。前日の昼頃に友人に誘われ友人運転のバイクで市場に向かって以降の男性の足取りは確認されていない。

 警察側は、個人的な係争及び南部情勢絡みの両面から捜査を開始した。
posted by Jean T. at 12:47| バンコク ☀| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

新興分離主義組織幹部を逮捕、パッターニーで

 プーヂャッカーン紙(オンライン)によると。当局側はパッターニー県ノーンヂック郡内の民家で強制家宅捜索を行い新興分離主義組織RKKの指揮官クラスの幹部と目されているアブドローサ・スロン容疑者(45)の身柄を確保し、事情聴取の為に同郡内にあるインカユット指令本部へ連行した。

 この家宅捜索は南部国境三県域内における一連の不穏な動きに関与した容疑で逮捕状が発行されている同容疑者が民家内に潜伏しているとの情報要員からの情報に基づき行われたもの。

 尚、民家内からは同容疑者が犯行に関与してきた事を裏付ける証拠物品は発見されていない。

 一方、パッターニー県マイゲーン郡内では21日16:00過ぎ、何者かが学校の敷地内に爆発物を投げ込んだが、幸い人的な被害は無かった。

 また、同県ガポー郡内では21日15:00前、バイクで路上を走行中だった46歳のイスラム教徒の男性が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。

 ヤッラー県バンナンサター郡内では22日朝、ゴム農園内での作業を終え徒歩で帰宅の途上にあった43歳のイスラム教徒の男性が、路上脇に潜んでいた人数不明の一味に銃撃され死亡した。

 また、ナラーティワート県ランゲ郡内では22日朝、果樹園内に爆発物が仕掛けられているのが発見され回収処理が行われた。
posted by Jean T. at 14:03| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

ナラーティワートで金行店主が射殺、貴金属や現金は手つかず

 19日午後、ナラーティワート県ルゥーソ郡内中心部で、バイク2台に分乗して現れた4人組の内の2人が65歳の仏教徒の男性が経営する貴金属店に押し入り、男性を射殺した上で店内にあった貴金属等の金目の物に一切手をつけることなく逃走した。

 また、4人組は逃走する際に逃走路を確保する為に事件現場に向かう途上だった地元自治体の首長が乗った車に向け銃弾を発砲していた事が確認されている。

 一方、パッターニー県トゥンヤーンデーン郡内では20日朝、バイクで路上を走行中だった31歳の男性が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。

 また、同県マーヨー郡内では20日14:00過ぎ、バイクで路上を走行中だった41歳の副村長が、バイクに乗った2人組に銃撃され重傷を負った。

 更に、同県サーイブリー郡内では18日深夜、小型トラックに乗った人数不明のグループが、地元行政機構評議会副議長等を乗せた小型トラックに向け銃を乱射し。何れもイスラム教徒の副議長や2人の同行者が負傷を負った。

 ヤッラー県バンナンサター郡内では20日7:00過ぎ、5人前後と見られるグループがレンジャー部隊の臨時駐留地に向け銃を乱射し、約15分間に渡り銃撃戦を展開した後に逃走したが、幸いレンジャー部隊側に人的な被害は無かった。

 また、同県ラーマン郡内では19日夜半、バイクで路上を走行中だった48歳のイスラム教徒の男性が何者かに銃撃され死亡した。
posted by Jean T. at 00:10| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

仏教徒の男性が射殺された上で車もろとも火、パッターニーで

 18日15:30頃、パッターニー県サーイブリー郡内の路上で、バイク2台に分乗した4人組が小型トラックを運転中だった仏教徒の男性を射殺した上で、車もろとも火を放ち逃走するという事件が発生した。

 また、実行グループは逃走する際に路上に鋲を撒いたり偽爆弾を放置するなどした。

 男性は郡内中心部でフルーツジュースの配達及び集金を終え帰宅する途上だった。

 警察側は、強盗目的ないしは南部情勢関連のいずれかが事件の背景にあると見て捜査を開始した。
posted by Jean T. at 00:47| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

ヤッラーで自動車爆弾が爆発、軍関係者2人が死亡

 17日12:00前、ヤッラー県ヤッハー郡内中心部にある中央競技場近くに駐車してあった小型トラックに仕掛けられていた爆発物が、軍関係車両の通過にあわせて爆発し、ヤッハー第14特務部隊副指揮官の少佐を含む軍関係者2人が死亡し、軍関係者及び住民5人が負傷を負った。現場は郡警察署や郡庁から約100メートル(報道により50メートル)離れた地点。

 爆発物の起爆には、南部国境三県域では初めてのケースとなる当局側も使用している通信機が使用されたものと見られている。 

 爆破のターゲットにされた軍関係者は、同郡パテー地区内で調理用小型ガスボンベを使用した爆発物が発見されたとの通報を受け現場に向かっている途上だったことから、実行グループは当初から危害を加える目的で軍関係者を現場におびき寄せたものと見られている。

 また、同県ラーマン郡内では16日18:00前、自宅の裏庭にいた27歳のイスラム教徒の男性が、押し入った2人組に銃撃され死亡した。

 警察側は、男性の遺体のそばに覚醒剤の原料になるクラトムの濃縮液があったことから、麻薬密売組織内の抗争ないしは南部情勢絡みの犯行との見方を示した。

 一方、ナラーティワート県ルゥーソ郡内では16日23:30頃、44歳のイスラム教徒の男性が自宅前で何者かに銃撃され死亡した。

 男性がバイクを自宅前に留め自宅のドアを開けようとしたところで付近で待ち伏せしていた人数不明の一味に銃撃されたと見られ、また、現場からはM16から発砲されたと見られる10発以上の銃弾が発見されている。

 また、同県スンガイパーディー郡内では15日13:00過ぎ、市場に向かうためにバイクで路上を走行中だった33歳の村長が、軍の臨時駐留地前の路上を通りかかったところでバイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。
posted by Jean T. at 01:20| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

ナラーティワートで教師警護班を狙った連続爆破、軍関係者1人が負傷

 15日7:00過ぎ、ナラーティワート県シーサコン郡内の交差点で、教師の警護作業に当たっていた軍関係車両の通過にあわせて爆発物が爆発、更に同日7:35頃に同県インゴー郡内の路上に仕掛けられていた爆発物が教師の警護作業に当たっていた軍関係車両の通過にあわせて爆発し、シーサコン郡内の爆発により軍関係者1人が負傷を負った。

 初期捜査段階では、爆発物は何れも携帯電話を使用した遠隔起爆式の物が使用されたと見られている。

 また、同県ルゥーソ郡内では14日午後、軍関係車両を狙った爆発が発生し、軍関係者2人が負傷を負った。

 パッターニー県県都内では15日7:30過ぎ、出勤する夫人を後部座席に乗せバイクで路上を走行中だった45歳のイスラム教徒の男性が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。男性は村自警組織に所属していた。

 また、同県ノーンヂック郡内では14日深夜、ゴム農園内での作業を終え帰宅の為にバイクで路上を走行中だった45歳のイスラム教徒の男性が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。

 同郡内では14日朝に、バイクで飲料水の配達作業中だった49歳の仏教徒の男性が、バイクに乗った2人組に銃撃され重傷を負うという事件が発生していた。

 更に同県ヤッラン郡内では13日15:30前、教師の警護作業中だった国境警備警察官を乗せた車両を狙った爆発が発生し、国境警備警察官2人が重傷を負った。
posted by Jean T. at 13:41| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

パッターニーで教師警護班を狙った爆破で1人が死亡、5人が重傷

 9日8:00過ぎ、パッターニー県ヤッラン郡内で、教師の警護作業中だった軍関係車両の通過にあわせて爆発物が爆発し、軍関係者1人が死亡し5人が重傷を負った。

 同郡内では8日深夜、友人を助手席に乗せ小型トイラックを運転中だった36歳のイスラム教徒の住民男性が、何者かに銃撃され死亡した。

 一方、ヤッラー県ヤッハー郡内では9日14:00頃、3箇所の電柱脇に仕掛けられていた爆発物がほぼ同時に爆発し、この影響で地域一帯への送電が一時ストップした。人的な被害は確認されていない。仕掛けられていた爆発物は、何れも14:00に起爆するように仕掛けられた時限発火式のものだった。

 また、ナラーティワート県ランゲ郡内では8日夜半、人数不明の一味が路上脇の茶店に向け銃を乱射し、店内で飲食中だった何れもイスラム教徒の37歳と45歳の男性が重傷を負った。
posted by Jean T. at 00:19| バンコク ☀| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

分離主義組織、当局の目をごまかすために女性を利用して爆発物を運搬

 南部国境三県域に拠点を置く情報当局筋は7日、域内で発生している一連の不穏な動きに関与している分離主義組織が当局による検問をかわすために女性を利用して爆発物を運搬しているとして、関係当局に対してバイクを含む全ての車両に対する検問を強化するよう勧告した。

 一方、ヤッラー県ラーマン郡内では7日夕方、電柱脇で発生した爆発事件現場の検証中だった当局関係者と人数不明の一味との間で約15分間に渡る銃撃戦が発生したとの通報を受けた軍関係者が応援の為に現場に向かっていた際に路上に仕掛けられていた爆発物が爆発し、軍関係者5人が重傷を負った。尚、一部報道は、当局者を狙った銃撃事件の現場検証に向かっていた軍関係者を狙った爆発が発生したと報じている。

 また、ナラーティワート県ヂョアイローン郡内では、バイクの2人乗りで路上を走行中だった17歳のイスラム教徒の男性と友人男性が、路上脇に潜んでいた人数不明の一味(報道によりバイクに乗った2人組)に銃撃され2人とも死亡した。

 警察側は、死亡した2人が何れも分離主義組織の構成員だった疑いがあることから、組織内の抗争が事件の背景にある可能性もあると見て捜査を開始した。

 同県ルゥーソ郡内では6日午前、線路の安全確認作業中だった軍関係者を狙った爆発が発生し、村自警組織に所属する男性(31)が片足を吹き飛ばされる重傷を負い、10人前後の軍関係者が負傷を負った。

 更に、パッターニー県パナーレ郡内では6日深夜、バイクで路上を走行中だった31歳のイスラム教徒の男性が何者かに銃撃され死亡した。男性は副村長の息子だった。
posted by Jean T. at 00:47| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

ナラーで走行中の列車に向けた銃乱射で3人が重傷

 4日18:00前、ナラーティワート県ルゥーソ郡内で走行中の列車に向けた銃乱射が発生し、初期報道段階で3人(報道により5人)が重傷を負い病院に搬送された。

 現場はヤッラー県との県境近くで、線路脇の林の中に潜んでいた2人以上の実行グループが犯行に関与したと見られている。

 また、同県ランゲ郡内では4日朝、中心部にある運動場付近で爆発が発生したが、当時運動場内で運動中だった住民や当局関係者に人的な被害は無かった。

 一方、パッターニー県コークポー郡内では4日朝、市場内で買い物中だった35歳の副村長が、バイクに乗って現れた2人組に銃撃され死亡した。

 また、同県ヤッラン郡内では3日昼過ぎ、モスクでの礼拝を終えバイクで路上を走行中だった40歳のイスラム教徒の男性が、バイクに乗った2人組に銃撃され重傷を負った。

 男性は、雇用促進策により軍部隊付き臨時職員の職を得ていた。尚、報道により男性の年齢を30歳とし、村自警組織員として学校の警備を担当していたとするものもある。

 ヤッラー県ガーバン郡内では2日14:00前、バイクの2人乗りで路上を走行中だったイスラム教徒の住民男性2人組が、バイク2台に分乗した4人組に銃撃され、37歳の男性が死亡し35歳の男性が重傷を負った。
posted by Jean T. at 00:12| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

パッターニーで教師警護班を狙った爆破で1人が死亡、ナラーでは連続銃撃・爆破

 30日16:00頃、パッターニー県マーヨー郡内で教師の警護作業中だった軍関係者を乗せた車列の通過にあわせ爆発物が爆発し、初期報道段階で軍関係者1人が死亡し4人が負傷を負った。

 また、同県トゥンヤーンデーン郡内では30日17:00頃、トラックを運転中だったゴムの仲買人の男性(47)が、バイクに乗った2人組に銃撃され重傷を負った。

 一方、ナラーティワート県ウェーン郡内では30日昼過ぎ、人数不明の一味がバイクで路上を走行中だった地元電力現業副長の男性を銃撃し重傷を負わせ当局関係者を現場におびき寄せた上であらかじめ仕掛けておいた爆発物を爆発させ、郡庁治安担当次官を含む7人の軍関係者や村長が重傷を負った。

 また、同県ランゲ郡内では29日深夜、バイクの2人乗りで路上を走行中だった26歳のイスラム教教師の男性と19歳の友人男性が何者かに銃撃され死亡した。
posted by Jean T. at 00:02| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

分離主義組織が南部の女性教師50人の暗殺を警告?

 ステープ副首相は29日朝、南部国境三県域内における一連の不穏な動きに関与している組織が女性教師50人を殺害すると警告していると伝えられている事に関して、まだ報告を受けていないとして事実関係の確認を避けたが、教師に対する警備が必ずしも盤石では無かったとして既に関係当局に対して教師の通勤路を中心に警備を強化すると共に学校内に教師住宅を建設する方向で準備を進めている事を確認した。

 尚、前日早朝にナラーティワート県ランゲ郡内で女性補助教師がバイクに乗った2人組に銃撃され死亡したと伝えられていた事件に関して、国内治安維持部隊第四地区前線指令本部はこれまでの検証により事故により死亡した可能性が極めて高い事を明らかにしている。

 同本部によると、これまでの検証で銃撃された形跡が確認されておらず、また現場の状況から事故だった可能性が高いという。

 一方、ヤッラー県ターントー郡内では29日1:00過ぎ、国境警備警察部隊の臨時駐留地が設置されている学校内に押し入った人数不明の一味が国境警備警察部隊関係者に向け銃を乱射し、約15分間に渡り銃撃戦を展開した後に逃走し、この銃撃・銃撃戦により国境警備警察官2人が負傷を負った。
posted by Jean T. at 18:28| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。