2008年01月17日

あのリーナー・ヂャンがちゃっかりとTPBSのキャスターに応募

 チャワリット元首相を首相の座から引きづり落とした市民運動の火付け役を自認するリーナー・ヂャンことリーナー・ヂャンヂャンヂャー女史(48)が16日、同日朝から受付が開始された公共放送局"TPBS"の職員募集に応募していた事が明らかになった。

 ニュースキャスターとしての採用を希望しているという。

 化粧品販売業の傍らで女性の為の法律支援財団を主催するリーナー女史は、キャバレーショーに出演しているニューハーフ等を動員した派手な抗議活動でチャワリット元首相辞任を要求する市民運動の火付け役になった他、同様な手法で行われたバンコク特別自治体知事選では、催事の催行行為と認定され失格になった事で知られる。

 また、先に行われた総選挙では、擁立の約束を反故にしたマッチマーティパッタイ党のプラチャイ党首を相手取った損害賠償訴訟を提訴する一方で、バンコク内の選挙区に小政党パラン・ペーンディン・タイ党から出馬し落選していた。

 尚、TITVの職員側は、16日夕方までに下される行政裁判所に対して提訴している局閉鎖命令の一時凍結を命じる仮処分申請に対する判断を待って職員募集に応募する方針を明らかにしている。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

TPBS クワンスワン氏が役員会議長、テープチャイ氏が局長

 15日開かれた閣議でタイ公共放送局(TPBS、旧TITV)の暫定役員会メンバーに任命された5人は同日初の会合を開き、局名をタイ公共放送局の英文略称であるTPBSとする決定を行うと共にチュラーロンコン大学建築学科特別講師のクワンスワン・アティポーティ氏を暫定役員会議長に、ネーション・グループ編集主幹のテープチャイ・ヨーン氏を局長に任命する人事を決定した。

 クワンスワン氏の実兄は民主主義市民連合の集会の演壇に立った事もある元上院議員で現国家毀損行為調査特別委員会委員のゲーオサーン・アティポーティ氏。また、テープチャイ氏はiTVがネーション・グループ傘下だった時代に同局の報道局長としてニュース番組のコメンテーターを務めた事で知られる。

 また、14日24:00を持って解雇されたTITVの全職員及び一般人を対象とした職員募集を16日から20日まで行う方針も決定された。尚、採用された者は3ヶ月間の試用期間を経た後に正社員として登用される。

 暫定役員会によると、2月1日からの一部の独自製作番組の放映開始を目指すという。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パラン党、週末までに連立政権の枠組みを発表

 総選挙で第一党となったパラン・プラチャーチョン党のスラポン幹事長は15日、18日ないしは19日に連立政権の枠組みを発表できる見通しである事を明らかにした。

 また、スラポン幹事長は22日に招集される第一回下院議会の場で任命される下院議長候補として、票買収疑惑の渦中にある、タクシン前首相の忠実な配下としても知られる同党副党首のヨンユット・ティーヤパイラット氏の名前が有力候補の1人としてあがっている事を明らかにした。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政府、5人の暫定役員会メンバーの任命を承認

 政府は15日開かれた閣議で、公共放送局(旧TITV)の5人の暫定役員メンバーの任命を承認した。

 5人の暫定役員は、TITV前身のiTV時代に報道局編集主幹を務め同局の看板コメンテーターだった現ネーション・グループ編集主幹のテープチャイ・ヨーン氏やチュラーロンコン大学経済学部教授のヌワンノーイ・タリーラット女史、同建築学科特別講師のクワンサーン・アティポーティ氏等5人で、9人の常任役員メンバーが任命されるまでの期間公共放送局の運営に携わる。

 尚、法律では9人の常任役員メンバーは暫定役員メンバーの任命後180日以内に任命される事になっている。

* 皮肉な事に15日昼に放映されたch3のニュースの中で、タクシンに買収された後に頻発した報道介入・偏向報道の強要に抗議し解雇された当時のiTV労組幹部の1人だったキャスターのウィサーン氏が、嘗ての同僚でもあるTITVの主要メンバーをスタジオに招いてインタビューを行っていました。また、TITVの看板キャスターだったサーイサワン・カヤンインさんもいつの間にかch3でキャスターをやっていたんですね(ギッティーさんとかがch9でキャスターをやっているのは知っていたのですが)。 今回の閉局を受けこれまで昼休みにTITVのニュースを流していた会社が入っているビルのキャンティーンは、今後ch3のニュースを流す方針に変えたようです。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

政治に翻弄されたTITV(旧iTV)が放送を終了、従業員全員が解雇

 公共テレビ放送法が14日付けで発効した事を受けTITVは同日24:00を持って放送を終了し、従業員全員が解雇された。今後は広告が無い公共放送として再スタートする事になる。

 この措置を受け、これまでTITVで放映されていた全ての番組がキャンセルされ、15日の閣議で5人の暫定役員会メンバーがアザインされるまで政府広報局系のch11が製作したガラヤニ王女関係を中心にした王室関連の番組が放映される。

 尚、解雇された従業員は新放送局に再雇用される可能性はあるものの、全員の再雇用が保障された訳ではない。

* 全ては2001年の総選挙前にタクシンが買収して、報道内容への介入に抗議した労組関係者(代表の1人は現在ch3の昼前のニュースキャスター)を大量解雇(その後タクシン政権時代に違法解雇の判決が確定)した時に始まった。。。
posted by Jean T. at 02:06| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

更にパラン党3候補者にイエローカード

 選挙委員会は14日、プレー県第一選挙区から出馬し当選を決めたパラン・プラチャーチョン党所属のウォラワット・ウゥアピンヤグン氏、ニヨム・ウィワンタヂッタグン氏及びパーンタイ・セーリーラック女史の3名に対して再選挙への再出馬が認められるイエローカードを発行する決定を下した。

 この決定により、これまでにパラン・プラチャーチョン党4人、チャート・タイ党2人及びマッチマーティパッタイ党 1人の合計7人の候補者に最も厳しいレッドカードが、またパラン・プラチャーチョン党16人(内3人は13日の再選挙で再当選)、民主党2人、プゥア・ペーンディン党2人及びチャート・タイ党1人の合計21人に再選挙での再出馬が認められるイエローカードが発行された事になる。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、元議員宅爆破実行犯は自ら罰を受けた

 スラユット首相は14日、前日夜半にナコンラーチャシーマー県内の元下院議員宅前で発生した爆破事件の実行犯は自ら爆死する事で罰を受けたと語り、現場で発見された身元不明の男性の遺体が実行犯である事を明らかにした。

 また、スラユット首相は事件の背後関係に関しては触れなかったが、14日未明にブリラム県内で発生した元候補者宅に爆発物が投げ込まれる事件を例に出しながら、新政府が誕生するまで同様な事件が今後も発生するとの考えを示し、言外に政治絡みの事件であるとの考えを示した。

 報道によると、警察側はナコンラーチャシーマー県内で発生した爆破事件現場付近で発見された遺体をスーンヌゥン郡警察署捜査班長の巡査部長であると特定し、現在同巡査部長の経歴や関係していた任務等について捜査を行っているという。また使用された爆発物は約0.5ポンドのC4が使用されたと見られるという。

 また、一部報道には爆発発生直後に現場から立ち去った2台の車(乗用車と小型トラック)の行方を追っていると報じている。

 一方、ターゲットにされたと見られる元タイ・ラック・タイ党所属下院議員のスポン・アッターウォン氏は、遺体で発見された巡査部長がある大物政治家と関係がある事を明らかにした上で、昨年7月の銃撃事件と同様に政治的な思惑が事件の背景にあるとの考えを示した。

* ダープタムルワットを巡査部長と訳しました。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プゥア党元候補者の自宅に爆発物、再選挙では当選圏内候補の1人

 14日未明、ブリラム県ノーンギー郡内にあるプゥア・ペーンディン党所属元候補のヌーデーン ・ワンナガーンチャイ氏の自宅に向け何者かが銃弾一発を撃ち込むと共に爆発物を投げ込み爆発させるという事件が発生した。幸い人的な被害は無い。

 ヌーデーン氏は、所属選挙区内で行われる再選挙が絡むライバル政党関係者による仕業との考えを示した。

 ヌーデーン氏は同県第一選挙区から出馬し第6位で落選していたが、同選挙区から当選を決めたパラン・プラチャーチョン党候補者3人がレッドカードにより当選を取り消された事を受けて行われる再選挙では当選圏内候補者の1人として見られていた。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

パラン党3候補、再選挙でもほぼ当選を決める

 13日、ナコンラーチャシーマー県第三選挙区で行われた再選挙で、60%強の開票率時点でイエローカードを発行され当選を取り消されたパラン・プラチャーチョン党所属候補者3人がリードし、ほぼ当選を決める見通しになった。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プゥア党2候補、パラン党1候補にイエローカード

 選挙委員会は13日、新たにナコンラーチャシーマー県第六選挙区で当選を決めたプゥア・ペーンディン党所属のミーチャイ・ヂットピパット氏及びポンピー・スワンナチャウィー氏の2候補及びチャイヤプーム県第二選挙区で当選を決めたパラン・プラチャーチョン党のスラウィット・ポンソムブーン氏に対してイエローカードを発行する決定を下した。

 この決定により、これまでにパラン・プラチャーチョン党4人、チャート・タイ党2人及びマッチマーティパッタイ党 1人の合計7人の候補者に最も厳しいレッドカードが、またパラン・プラチャーチョン党13人(内3人は13日に再選挙)、民主党2人、プゥア・ペーンディン党2人及びチャート・タイ党1人の合計18人に再選挙での再出馬が認められるイエローカードが発行された事になる。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

評議会議長代、当選失格に抗議している住民は買収されている

 国家安全保障評議会のチャリット議長代行(空軍司令官)は12日、ブリラム県やウドンターニー県の県選挙委員会前で抗議活動を展開している住民の多くが黒幕の指示を受けた者等に金銭で動員されている事を明らかにした上で、衆愚の法理を持ち出し選挙委員会の職務遂行に抗議する様な行動は民主主義の精神に反していると非難した。

 しかし、背後で指示している黒幕や動員方法等の詳細に関しては明らかにしなかった。

 この発言は、パラン・プラチャーチョン党所属候補者にイエローカードやレッドカードが発行された事に抗議する住民等がブリラム県やウドンターニー県内で抗議活動を展開している事を受けたもので、チャリット議長代行は、選挙委員会の職務遂行に対する法の精神に則った抗議活動は規模の大小こそ違え国内外で起こりえる民主主義の精神に適ったものであるとの考えを示した上で、それとは対照的に己独自の規範を持ち出して選挙委員会に圧力をかける事を意図して現在行われている抗議活動は民主主義の精神を逸脱したものであると指摘した。

 しかし、議会の開催時期の目処が立てば自ずと抗議活動が鎮静化するとの考えを示し、現在行われている抗議活動が最悪の事態にまで発展する可能性に関しては否定した。

参考
3人だけでは手ぬるい、ブリラムの当選者全員を失格にしろと元民主党候補
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陸軍司令官、国内和解推進の為にポヂャマーン夫人と面会する用意がある

 アヌポン陸軍司令官兼国家安全保障評議会副幹事長は12日、国内和解・挙国一致体制の創成推進の一助とする為にタクシン前首相夫人のポヂャマーン・チンナワット女史と面会する用意がある事を明らかにした。

 しかし、前首相夫妻に持たれている嫌疑に関しては、法の手続き及び証拠に基づき粛々と行われる事が情勢改善の一助になると語り、面会と夫妻が持たれている嫌疑とは無関係であることを強調した。

 また、アヌポン陸軍司令官は、タクシン前首相から直接的な打診は無いと断った上で、同前首相が持たれている嫌疑と戦うために予定を前倒しにして帰国する事が好ましいとの考えを示した。

 尚、タクシン前首相側は、香港のメディアとのインタビューの中で4月のソンクラー期間中に帰国する考えを示していた。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

パラン党候補、民主党候補それぞれ1人にイエローカード

 選挙委員会は11日、選挙運動期間中に特定の利益供与を約束し有権者を惑わした疑いがあるとしてサコンナコン県第一選挙区で当選を決めたパラン・プラチャーチョン党所属のチャルゥムチャート・ガールン氏、及び買収疑惑があるとしてナコンナーヨック県第一選挙区から出馬し当選を決めた民主党所属のチャーンチャイ・イサラセーナーラック氏に対して再出馬が認められるイエローカードを発行する決定を下した。

 この決定により、これまでにパラン・プラチャーチョン党4人、チャート・タイ党2人及びマッチマーティパッタイ党1人の合計7人の候補者に最も厳しいレッドカードが、またパラン・プラチャーチョン党12人、民主党2人及びチャート・タイ党1人の合計15人に再選挙での再出馬が認められるイエローカードが発行された事になる。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パラン党副党首、解党後の合流先を検討している事を認める

 パラン・プラチャーチョン党のガーン副党首は11日、万が一党に対して解党命令が下された場合に備えて合流先となる党の検討に入っている事を明らかにした。

 同副党首によると、現在複数の党が合流先の候補としてあがっているというが、一部報道によると小政党のパラン・ペーンディン・タイ(タイ国力)党が最有力であるという。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パラン党が解党に備え裏政党を組織?

 パラン・プラチャーチョン党が万が一の解党命令に備え第三の政党結党の準備を進めているとの噂が広がっている。

 この噂は、票買収疑惑が指摘されている同党副党首で先の総選挙で第一地区比例代表区名簿順位一位で出馬した、タクシン前首相の忠実な配下としても知られるヨンユット・ティーヤパイラット氏に対してレッドカード発行の決定が選挙委員会により下された場合、それが現実的な解党命令要件に為り得る事を受け広がったもの。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

選挙委、既にイエローを渡されたパラン党候補にレットカード

 選挙委員会は10日、ウドンターニー県第三選挙区にパラン・プラチャーチョン党から出馬し当選を決めたプラソップ・ブサラーコム氏に対して再選挙への出馬が認められないレッドカードを発行する決定を下した。

 これによりパラン・プラチャーチョン党所属の候補者4人にレッドカードが発行された事になる。

 同氏に関しては既に再選挙への再出馬が認められるイエローカードが発行されていたが、その後立会演説会の場で、ある小政党が国家安全保障評議会から資金提供を受けていると中傷した事が選挙法に違反すると判断され今回の措置となった。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党党首、党員による総選挙無効を求めた訴訟の取り下げを要請

 民主党のアピシット党首は10日、ブリラム県第三選挙区に民主党から出馬し落選したチャイヤワット・シンスウォン氏による最高裁判所への総選挙の無効を求めた訴訟の提訴は党の方針では無い事を確認した上で、既にチャイヤワット氏に対して訴訟の取り下げを要請している事を明らかにした。数日以内に訴訟が取り下げられる見通しだという。

 同党首によると、民主党側には総選挙の無効を要求する考えは無いという。

 しかし前後してチャイヤワット氏側は、今回の提訴は個人的に行った既に15日に審理が開始される予定になっているものであり、また新希望党側も同様に期日前選挙の無効を求める提訴を行っているとして訴訟取り下げのアクションを取る考えが無いことを明らかにしている。

 一方、同党のウィトゥーン副党首は、再選挙が行われるブリラム県第一選挙区で"奇跡"を引き起こすために、アピシット党首自らが同党擁立候補の応援の為に同県内で開かれる立会演説会に登壇する予定になっている事を明らかにした。

参考
最高裁、総選挙自体の有効性を問う上訴を受理
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

元バンコク知事、パラン党との連立に抗議しルゥアム党を離党

 パラン・プラチャーチョン党のサマック党首の前任のバンコク特別自治体知事だった事でも知られるピヂット・ラッタグン氏は9日、パラン・プラチャーチョン党主導の連立政権への参画を決定した党の方針に抗議してルゥアム・ヂャイ・タイ・チャート・パッタナー党を離党した事を明らかにした。

 先の総選挙でバンコクの選挙区から出馬し落選したピヂット氏は発言の中で、国民の期待に応え中立に徹し党の発展に尽力する事をあきらめ自ら権力側に吸収される道を選んだ党の姿勢を容認できないとして離党を決心した事を明らかにした。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プゥア党顧問、パラン党との合流は未決定

 プゥア・ペーンディン党のワッタナー最高顧問は9日、パラン・プラチャーチョン党主導の連立政権参画の是非に関しては未だ党内で決定されていない事を明らかにした。

 パラン・プラチャーチョン党との連立に反対しているとも伝えられているワッタナー最高顧問によると、ガラヤニ王女の服喪期間終了後に党としてのスタンスを明確に出来る見通しであるという。

 この発言に先立って同党のスウィット党首が非公式にパラン・プラチャーチョン党主導の連立政権に参画する事でチャート・タイ党との間で原則合意に至っている事を明らかにしていた。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

マッチマー党、自党はさておき他党のレッドカードに大喜び

 8日、スントン副党首にレッドカードが発行されたマッチマーティパッタイ党のバンイン副党首は、今回のレッドカード発行が党に大きな影響を与えないとの考えを示した。

 同副党首によると、今回のレッドカードの発行により議席数を1つ減らしても、チャート・タイ党所属の候補者2人にレッドカードが発行されたチャイナート県内の選挙区では次点につけた自党の候補に、またパラン・プラチャーチョン党所属の候補者3人にレッドカードが発行されたブリラム県内の選挙区では5番手につけた自党の候補にそれぞれ再選挙により議席が回ってくる可能性が高いことから、むしろ議席数が増える事が期待できるのだという。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。