2007年12月27日

前首相の義弟が第二の首相候補、悪名高いチャルゥム氏が内相

 26日19:00過ぎのネーション・チャンネルのニュース番組及び27日付けのネーション紙が、パラン・プラチャーチョン党がサマック党首の内閣就任資格が欠格しているケースを想定し法務大臣候補として名前が挙がっているタクシン前首相の義弟で元法務省次官のソムチャーイ・ウォンサワット氏を第二の首相候補として調整を進めていると報じている。

 これは、サマック党首が名誉毀損で2年の実刑判決を受けていることが内閣就任資格の欠格要件になると指摘されている事を受けた動き。

 また、軍への影響力の確保を視野にクーデター発生当時の国軍司令官で国家安全保障評議会最高顧問を務めた事もあるルゥアンロート・マハースラノン大将を防衛大臣、スラポン幹事長を公共保健大臣、タクシン前首相の法律顧問としても知られるノパドン・パッタマ氏を教育大臣、元オーソーモートー社会長のミンクワン・サンスワン氏を副首相ないしは商務大臣の何れかに据える方向で調整を行っていると報じている他、通貨危機時代に当時経済担当副首相だったタクシン前首相と共に半ば職務放棄的に財務大臣の職を投げ捨てていた事でも知られるタノーン・ピッタヤ氏が財務大臣に返り咲き、更に悪名高いチャルゥム・ユーバムルン警察大尉を内務大臣、タイを代表する灰色政治家一族の長でネーウィン・チットチョープ氏の実父でもあるチャイ・チットチョープ氏を下院議会議長に据える方向で動いているという。

 チャルゥム・ユーバムルン警察大尉は、警察官殺人事件で指名手配された三男の長期間にわたる国外逃亡を許し、また応召証書を偽造して長男と二男を警察官僚に据えた他、何れも副内務大臣だったチャーッチャーイ政権及びチャワリット政権時代にマスコミへの報道介入に関与した人物として知られ、またチャイ・チットチョープ氏はブリラムを中心にカンボジアとの国境地帯に強大な利権を持ち、更にタクシン政権時代にネーウィン氏とタクシン前首相との急接近によりチェンマイ県内でも公共事業関連を中心とした利権を得たとされるチットチョープ一族の長で、息子の一人は2000年に発生した検事長暗殺未遂事件を首謀した容疑で指名手配され現在カンボジア領内に潜伏中であるとされている。

* 最近の言動を見ていると、ネーウィンと同じくタクシン嫌いだったチャルゥムがネーウィンに代わるタクシンの第二のポチになりそうな雰囲気です。
posted by Jean T. at 11:17| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パラン党、1月4日に新政権の組織を公式に発表

 総選挙で第一党となったパラン・プラチャーチョン党は26日、1月4日に公式に新政権の組織を発表する予定であることを明らかにした。サマック党首が発表を行う。

 先立つ1月3日には、選挙委員会による最終非公式集計結果が発表される見通しになっている。

 パラン・プラチャーチョン党は26日朝、既にルゥアム・ヂャイ・タイ・チャート・パッタナー党、マッチマーティパッタイ党及びプラチャラート党の下位3党が連立への参画に合意し、政権の組織に必要な254議席を議会内に確保した事を明らかにした上で、引き続きチャート・タイ党及びプゥア・ペーンディン党に連立への参画を呼びかけている事を明らかにしていた。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

パラン党3人にイエローカード


 選挙委員会は25日、ナコンラーチャシーマー県第三選挙区から出馬し当選を決めたパラン・プラチャーチョン党から出馬し当選を決めた3人の候補者に対して、再選挙への再出馬が認められるイエローカードを発行する決定を下した。

 今回の決定は、地元の党の票の取りまとめ役が立会演説会に参加した住民に利益供与を行い、更に3人が地元の寺へ現金を支出することを選挙戦中に約束した事が選挙法に違反した事を受けたもの。

 尚、再選挙は1月13日に行われる。

参考
パラン党、コラートで押収された現金は票買収とは無関係
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それでも国民の過半数がアピシット氏の次期首相を支持、ラームの調査で


 ラームカムヘーン大学が全国の有権者15,879人を対象に22日から24日にかけて行った調査で、過半数を超える52.2%(8,293人)の回答者が総選挙で第二党となった民主党のアピシット党首の次期首相就任を支持すると回答し、第一党となったパラン・プラチャーチョン党のサマック党首の次期首相就任を支持すると回答していたものが39.1%(6,202人)だった事が明らかになった。尚、第三党につけたチャート・タイ党のバンハーン党首の次期首相就任を支持すると回答した者は8.7%(1,384人)だった。

 また、アピシット党首の次期首相就任を支持すると回答した者の多くが、同党首の個性や知性、行動力が伴った指導者としての素質、清廉さ、冷静さを失わずユーモアのセンスが備わっている面、新世代リーダーとしてのビジョン等を評価し、一方でサマック党首の次期首相就任を指示すると回答した者に関しては、サマック党首自身の経験や大胆な発言力を評価する者と同党首の資質以上にパラン・プラチャーチョン党の経済問題等の国内問題に対する解決能力を評価する者とに別れる結果になった。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

233 vs 165 選挙委員会が非公式集計結果を修正

 選挙委員会のアピチャート委員長は25日午後、以下の通り最新の非公式集計結果を明らかにした。

パラン・プラチャーチョン党 233 (34)
民主党 165 (33)
チャート・タイ党 37 (4)
プゥア・ペーンディン党 24 (7)
ルァム・ヂャイ・タイ・チャート・パッタナー党 9 (1)
マッチマーティパッタイ党 7 (0)
プラチャラート党 5 (1)

( )は比例代表区
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシン前首相が事実上の政界黒幕転向宣言?

 香港滞在中のタクシン前首相は25日、パラン・プラチャーチョン党を中心とした連立政権成立後数週間以内にタイに帰国する意向を確認すると共に、政界復帰の可能性を再否定したが、パラン・プラチャーン党の顧問就任に関しては前向きな姿勢を見せた。

 発言の中で同前首相は、連立政権が成立する見通しになっている2月から4月の間に帰国する考えであるとし、更に政界に復帰したい意向はあるものの帰国後は普通の市民として暮らしたいとし政界復帰の可能性は否定したが、要請があればパラン・プラチャーチョン党の顧問として政治に関わっていきたいと語った。

 尚、報道によっては、パラン・プラチャーチョン党が第一党になった事を受けタクシン前首相は政界に戻りたいと語り、クーデター発生以降繰りし述べてきた政界引退宣言を事実上翻したと報じるものもある。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

小政党2党が連立に参画を表明、パラン党政権成立か?

 パラン・プラチャーチョン党のスラポン幹事長は24日午後、同党が主導した連立政権の成立が確実になった事を明らかにした。

 同幹事長は発言の中で、同日までに2つの小政党から連立参画の打診があり、これにより議会内で過半数を確保する事が出来たとしたが、2政党の詳細に関しては明らかにしなかった。

 この発言に先立ってバンコクのラジソン・ホテル内でパラン・プラチャーチョン党の副党首クラスの人物2人とマッチマーティパッタイ党、ルゥアム・ヂャイ・タイ・チャートパッタナー党等の第三勢力に近い元タイ・ラック・タイ党副党首のソロアット・グリンプラトゥム氏が密会談を行っていた事がマスコミにより確認されているが、この密会談とパラン・プラチャーチョン党の過半数確保発言との因果関係は不明。

 一方、次期政権への参画を視野に入れているマッチマーティパッタイ党は24日開かれた幹部会の席上で、アノンワン幹事長(ソムサック・テープスティン氏夫人)を各党との交渉役に任命した。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選挙委、70.27%の投票率を達成

 選挙委員会は24日昼過ぎ、23日に行われた総選挙に全有権者45,658,170人の70.27%に相当する32,086,573人の有権者が投票を行った事を明らかにした。

 最も投票率が高かったのがラムプーン県の88.9%で、以下チェンマイ県(83.20%)、グラビー県(79.5%)と続いた。

 また、今回の総選挙で中選挙区に投じられた票の2.51%、比例代表区に投じられた票の5.25%、合計で200万強の票が無効票だった。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前首相がスリヤ氏氏にマッチマーの連立参画に向けた工作を指示?

 マッチマーティパッタイ党のプラチャイ党首は24日、タクシン前首相がマッチマーティパッタイ党のパラン・プラチャーチョン党を中心にした連立政権への参画を促すためにマッチマー会派の前身である旧タイ・ラック・タイ党ナム・ヨム派閥の元幹部だったスリヤ・ヂュンルンルアンギット氏に工作を指示したと報じられている事に関して、その様な話は聞いておらず、また具体的な動きも確認できていないと語り報道を否定した。

 この否定発言に先だって国内のメディアが一斉にタクシン前首相がマッチマーティパッタイ党のパラン・プラチャーチョン党を中心とした連立政権への参画を促すことを目的にスリヤ・ヂュンルゥンルアンギット氏に対して、同党首とソムサック・テープスティン氏との対立解消に向けた仲介を依頼したと伝えていた。

 選挙委員会の非公式集計結果によると、当選が確実視されているマッチマーティパッタイ党の候補者7人の内2人がプラチャイ派系の人物で、残りの5人がパラン・プラチャーチョン党との合流に前向きであると見られているソムサック派。尚、プラチャイ党首自身は落選が確実視されている。

 一方、今後のマッチマーティパッタイ党の政治的なスタンスに関しては、党が掲げた公約の実行の可能性を基本に置いて判断するべきことであると述べるに留め、パラン・プラチャーチョン党及び民主党の何れ側につくかに関しては明言を避けた。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

232 vs 165  選挙委の非公式集計結果

 選挙委員会は24日昼前以下の通り非公式集計結果を発表した

パラン・プラチャーチョン党 232 (34)
民主党 165 (33)
チャート・タイ党 41 (4)
プゥア・ペーンディン党 25 (7)
ルァム・ヂャイ・タイ・チャート・パッタナー党 9 (1)
マッチマーティパッタイ党 7 (0)
プラチャラート党 5 (1)

( )は比例代表区

 選挙委員会によると最終的な非公式集計結果は向こう7日以内に公表できる見通しとのこと。

 非公式集計によると、コーンケーン県第一選挙区から出馬していたプゥア・ペーンディン党のスウィット党首及び第六地区比例代表区から出馬していたマッチマーティパッタイ党のプラチャイ党首が共に落選確実になった他、政治家としての風格が備わり始めていたチャート・タイ党のヂャニスター・リゥチャルゥムウォン女史やパラン・プラチャーチョン党のユラナン・パモラモントリー氏、チャルゥムチャイ・ヂナウィヂャーンナ氏(ネッスル・タイ・オーナーの息子)等バンコクの選挙区から出馬していたタレント候補や、パヤオ県の選挙区から出馬していたTITVのキャスター兼レポーターとして知られる民主党のマンリガー・ブンミートラグーン女史等も落選が確実になった。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

バンハーン氏、プゥア・ペーンディン党と協調

 投票終了後暫く行方をくらましていたチャート・タイ党のバンハーン党首は24日0:00過ぎ、プゥア・ペーンディン党顧問のワッタナー・アサワヘーム氏邸内でマスコミの取材に応じ、今後プゥア・ペーンディン党と共同歩調をとっていく方針を明らかにした。

 しかし、パラン・プラチャーチョン党及び民主党の何れの陣営に参画するかに関しては総選挙結果が明確になった上で考えるとして明言を避けた。

 一方、パラン・プラチャーチョン党はプゥア・ペーンディン党及びルァム・ヂャイ・タイ・チャート・パッタナー党をターゲットに連立に向けた交渉を開始した。
posted by Jean T. at 02:35| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投票率は65%

 選挙委員会のアピチャート委員長は23日夜半、同日行われた総選挙に全有権者(48,957,208)の約65%に相当する29,345,398人が投票した事を明らかにした。

 最も投票率が高かった県が83.92%を記録したサムットサーコン県で、以下ラムプーン(80.96%)、トラン(80.30%)、チュムポン (79.84%)、シンブリー(76.92%)と続き、一方で最も投票率が低かったのが34.18%を記録したノンタブリー県で、以下チャイヤプーム県 (40.23%)、ウドンターニー県(44.70%)、ウボンラーチャターニー県(41.09%)、ローイエット県(48.09%)と続く結果になった。
posted by Jean T. at 02:03| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選挙委員会の非公式集計ではパランが228、民主が166 (開票93.11%)

 選挙委員会のアピチャート委員長は23日22:20、開票率93.11%時点での非公式集計結果を以下の通り明らかにした。

パラン・プラチャーチョン党 228 (34)
民主党 166 (33)
チャート・タイ党 39 (4)
プゥア・ペーンディン党 26 (7)
ルァム・ヂャイ・タイ・チャート・パッタナー党 10 (1)
マッチマーティパッタイ党 7 (0)
プラチャラート党 4 (1)

( )は比例代表区
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

開票72.06%時点での獲得議席予想 (23日22:30現在)

パラン・プラチャーチョン党 230 (35)
民主党 163 (33)
チャート・タイ党 40 (4)
プゥア・ペーンディン党 24 (6)
ルァム・ヂャイ・タイ・チャート・パッタナー党 12 (1)
マッチマーティパッタイ党 7 (0)
プラチャラート党 4 (1)

( )は比例代表区
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

開票68.58%時点での獲得議席予想 (23日21:35現在)

パラン・プラチャーチョン党 231 (35)
民主党 158 (33)
チャート・タイ党 40 (4)
プゥア・ペーンディン党 27 (6)
ルァム・ヂャイ・タイ・チャート・パッタナー党 12 (1)
マッチマーティパッタイ党 7 (0)
プラチャラート党 5 (1)

( )は比例代表区
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アピシット氏、パラン・プラチャーチョン党とは与しない

 民主党のアピシット党首は23日21:10分過ぎ、パラン・プラチャーチョン党と与する事は無いとし、仮に同党が主導する連立政権が成立した場合には野党の立場に甘んじる事を確認した上で、今回の総選挙で得た支持を力に政権奪取に向け党一丸となって邁進していく意向を明らかにすると共に、仮にパラン・プラチャーチョン党による政権の組織が実現しなかった場合には遠慮なく民主党が中心になって政権の組織に動く意向を明らかにした。

 一方、チャート・タイ党のサナン党首は、パラン・プラチャーチョン党による政権が誕生する可能性が極めて高いとの考えを示した上で、同党の候補者に対して20枚のレッドカードが発行されない限り民主党が政権の座に就くことは出来得ないとの考えを示した。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パラン党が勝利宣言

 23日20:40過ぎ、パラン・プラチャーチョン党のサマック党首とスラポン幹事長が共同で記者会見を開き、勝利宣言を行うと共に議会内第一党として過半数を確保した、しないに関わらず議会内で安定多数を確保する為に連立政権の組織を視野に各党に働きかける方針を確認した。

 しかし、バンコク選挙区に関しては敗北を認めた。同選挙区では36議席中25議席を民主党が確保し11議席をパラン・プラチャーチョン党が確保する見通しになっている。

 先だってサマック党首は、政権獲得後に憲法の改正及び旧タイ・ラック・タイ党111人の恩赦法制定に取り組む方針を確認していた。

 一方、この会見に先立って同党のヂャクラポップ・ペンケー氏(反独裁民主主義同盟幹部)は、プレーム枢密院評議会議長が同日夕方過ぎにチャート・タイ党のバンハーン党首とプゥア・ペーンディン党のスウィット党首に対して公邸招致の打診を行ったとの情報を得ている事を明らかにした上で、同議長が再度政治に介入しようとしていると非難した。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マッチマーのソムサック派が連立参画に意欲

 マッチマーティパッタイ党のアノンワン幹事長は23日夜、連立政権への参画に意欲を見せた。

 仮にマッチマーティパッタイ党が10議席を確保できなくても、パラン・プラチャーチョン党が僅かに過半数に届かず、他の政党が連立に参画しなかった場合にはパラン・プラチャーチョン党が主導する政権内で強力な発言力確保することが可能。

 尚、第六地区選挙区から出馬しているプラチャイ党首は落選が確実視されており、今後党首の交代に向けた動きが党内で激化する事も予想される。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

開票47.16%時点での獲得議席予想 (23日20:00現在)

パラン・プラチャーチョン党 229 (34)
民主党 162 (34)
チャート・タイ党 37 (4)
プゥア・ペーンディン党 26 (6)
ルァム・ヂャイ・タイ・チャート・パッタナー党 13 (1)
マッチマーティパッタイ党 8 (0)
プラチャラート党 5 (1)

( )は比例代表区
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

開票23.37%時点での獲得議席予想 (23日18:15現在)

パラン・プラチャーチョン党 217
民主党 161
チャート・タイ党 43
プゥア・ペーンディン党 31
ルァム・ヂャイ・タイ・チャート・パッタナー党 13
マッチマーティパッタイ党 10
プラチャラート党 5
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。